[断言]ブログがめんどくさい?解決策はただ1つ[他の方法はムダ]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

「ブロガーです。できるだけ毎日ブログを更新しようとは思うのですが、、、、めんどくさい。やる気がでません。
なんでやる気が出ないかもわからず、困っています。
なるべくコンスタントに記事を書き続ける、コツとかあったら話を聞いてみたいです。」

このような意見に答えます。

本記事の内容

  • めんどくさい時の対処法は、『書き始める』ことです。
  • 『型』を作って『肩』の力を抜けば、余裕です。
  • 最重要は『ゲーム性』です。

この記事を書いている僕は、ブログ7ヶ月目、収益は月に5万ほど。

ぶっちゃけ、全然ひよっこです。

ですが、毎日更新は50日以上。

そこそこ続いていると思うし、これからも続けられそうな予感がしています。

これにはちゃんとした理由があり、
今回共有したいと思います。(`・ω・´)ゞ

[断言]ブログがめんどくさい?解決策はただ1つ[他の方法はムダ]


ブログがめんどくさいと感じたら、とにかく書き始めればOKです。

、、、スミマセン、いきなり矛盾していますよね。笑

書けなくて困ってるのに、書けばいいなんて。

でも、これにはちゃんとした理由がありまして、ちょっと話を聞いてください。

ズバリ、

『やってもやらなくても済むこと』
を『やる気だけで攻略出来ない』
から

上記です。

例えば、

・今度こそ、ダイエット頑張ろう
・1週間に1冊本を読もう

、、、続いた試しありますか?

ない人の方が、圧倒的に多いのではないかなと。

そして、継続は止まります。

ですので、それほど人のやる気っていうのは、アテにならないヤツです。

だから、『とにかく書き始めること』、これしかないです。
詳しく説明します。

行動には『慣性』があります。

行動には『慣性』がありまして、動き始めたら、動き続ける方がラクです。

坂道にタイヤを転がすみたいな感じですね。

タイヤを動かし始める時が、一番重い。

でも、一回坂道を転がり始めたら、逆に止めにくい。

みたいな。

ですので、ブログの場合は、まずは1パラグラフだけ書いてみる。

すると、次も書いておかないと、気持ち悪い。

だから、結局書き終えてしまうっていうわけです。

ブログの中断はNGです。


ちょっと注意がありまして、ブログの執筆を、コマ切れにするのは、よくないです。

止まる度に、また『タイヤを転がし始める』っていう、重いタスクにぶち当たりますので。

これは僕も、常に意識してるのですが、、、
止まると、まじでやる気はどっかに飛んでいってしまいます。

ですので、

「あ、いま自分は坂を転がってるな。
もし止まったら、まためんどくさいことになるな。」

みたいなことを、頭の片隅に置いておくと便利です。

この流れが止まるまで、絶対に次の作業には進まないぞ。

この考え方があるか、ないかで、だいぶブログの進捗は変わります。

✔️余談:『やる気』はそもそも存在しません。

ちょっと本題からはそれますが、
『やる気』なんてものは、そもそも存在しないです。

、、、どういうことか。

東大の教授、池谷裕二さんによると、下記の通り。

・「やる気」という言葉は、「やる気」のない人間によって創作された虚構
・人間は、行動を起こすから「やる気」が出てくる生き物なんです。

>>引用

上記の通り。

この言葉によると、

×やる気→行動
○行動→やる気

というのが、正しいようですね。

これも、
『とにかく書き始める』ことが有効って断言できる、一つの大きな理由です。(`・ω・´)ゞ

ブログで勢いをキープするための方法


ここまでは、めんどくさいなら、書き始めようという話をしてきました。

そして、ここからは書き始めた後の話をします。

つまり、さっきの坂の例でいうと、
『転がり続けるためのコツ』ですね。

結論は

『型』を作って、『肩』の力を抜くこと

上記の通り。

前半
✔️『型を作ること』
後半
✔️『肩の力を抜くこと』

この2つに分解して、説明しますね。

前半:ブログの型を作ること

書き続けるには、自分なりの『ブログの型』を作ることが大切です。

いつも通りに書いている。

この安心感というか、ルーティーン感が、書き続けるのに有効なんですよね。

例えば、通勤の時。

いつもの道を、いつもの時間に通った方が安心ですよね。

わざわざ新しい道を通ってみて、遅刻するっていうリスキーな選択肢は取りづらいかなと。

これが、大切です。

✔️僕の『型』を公開します。

じゃあ、どういう型を作ればいいのか。

参考までに、僕の例を紹介します。

もちろん、好きなように改変してもらって、OKです。(`・ω・´)ゞ

下記の通り。

✔️段落

・h2タグは、だいたい4つ
・h3タグが長くなりそうなら、h4で切る
・2~3パラごとに、画像を入れる

✔️文章

・主張
・理由
・具体例

上記の通り。

段落については、この記事全体をみていただければわかるかなと。

ちょっと、『文章の型』について解説しますね。

✔️文章の型について

僕の文章の型は、

・主張
・理由
・具体例

でして、
このパラグラフでは、

・主張→『ブログの型』を作りましょう
・理由→安心感が出るから
・具体例→通勤の道

という風に使っています。

もちろん、場合によっては変わりますが、この『自分なりの型』を持ってるだけで、だいぶ書きやすくなりますよ。

後半:肩の力を抜くこと


リラックスして、書くことです。

自分が気張ってると、文章が硬くなりまして、それは読者さんにも伝わります。

そして、読むのが負担になって、離脱しやすくなりますので。

簡単なことでも、わざわざ専門用語をたくさん使って書いてる論文。

簡単なことを、さらに噛み砕いて、誰でも理解できるような記事。

どっちを読みたいと思いますか?
そういうことです。

もちろん、リラックスしてれば、自分も苦なくのびのび書けますね。(`・ω・´)ゞ

ブログには『ゲーム性』があります。


『転がり始めるまで』、『転がり続けるコツ』をお話してきました。

最後に、『転がり終わった後』のお話をします。

次の記事へのモチベーションを高めるにはどうしたらいいか。

結論はズバリ、

ブログを1種のゲームって考える

上記です。

モンハン→ハンターランクあげたい。
ドラクエ→レベルあげたい。
ポケモン→ジムバッジ欲しい。

各ゲームには、何か目標というか、欲望みたいなのが備わってます。

ブログも同じでして、『ゲーム』って考えてみましょう。

pv→もっとたくさんの人に読まれたい
収益→ちょっとでもいいから、稼ぎたい
反応→コメントついて欲しい

こういう『欲』に忠実になって、

「この記事は、反応でる=pv伸びるだろうな〜、ワクワク」

みたいに、ゲームを単に攻略してるだけって考えましょう。

改善しつつ、自分が目指す数値に近づける。
これだけです。(`・ω・´)ゞ

最後に:今日は記事を書きましたか?

記事のポイントをまとめます。

  • やる気なんか、あてになりません。
  • 執筆には勢いが大切です
  • スタート:『とにかく書き始めよう』
  • 途中:『型を作って、リラックス』
  • あと:『次のゲームを攻略する』

上記みたいな感じ。

ぶっちゃけ、人間なので、モチベーションに波があって、当たり前です。

ですので、
『今日はやる気がなくてできなかった』
っていうのは、言い訳にもなりません。

自然すぎる結論です。

そんな中でも、どうやったら質を落とさずに継続できるか。

ここに注目するべきでして、今回はそんなお話をしてきました。

今日は記事を書きましたか?
『やる気ないから』って思ってませんか?

この記事が少しでも、ブログを継続するきっかけになったら、幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です