『ブログで稼ぎます』←9割の人には笑われるけど問題なし

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

「ブログを始めました。時間をかけて書いても、収益は数円とかで、、、正直周りには笑われています。バイトした方がいいじゃんとか、むだじゃんとか。結構ツライので、同じような経験をしたことがある方がいれば、話を聞いてみたいです。」

このような意見に答えます。

本記事の内容

  • ネガティブな声はムシしましょう。[コツがあります]
  • 収入の種類が全く違います。=
  • 両輪を揃えることがベストです←説明します

この記事を書いている僕は、ブログを始めて半年ちょっと。

圧倒的に周りにはバカにされてきました。

でも、ちょっとずつデータが変わってきたり、情報を集めているうちに、こういう批判は的外れだと確信したんですよね。

という訳で、今回はいろんな人の言葉を借りつつ、説明しますね。

冷笑がツラかった過去の自分を救うつもりで書いていきます。

『ブログで稼ぎます』←9割の人には笑われるけど問題なし

上記の通り。 笑われるかもしれませんが、無視しましょう。

物理的に耳をふさぐことはできなくても、心は閉じましょう。

聞いてもいいことは、、、全くなし。

でも、

「そんなことはわかってるけど、聞こえてきたら落ち込むわ。。。」
と思うかなと。

実はコツがありまして、実際にかなり効果あります。

それを次に紹介しますね。

ブログを笑う人は、『自分の首を締めている』

ブログで稼ぐことを笑う人は、自分の首を締めています。

こうやって「その人をかわいそうに思う」のが一つのコツですね。

というのは批判したら、その人はそれができなくなるので。

、、、ちょっと具体的に説明します。

例えば、ブログを批判したらその人はブログを書けないですし、プログラミングを批判したらその人はコードを書けません。

つまり、ディスることで自分の幅を狭くしてるんですよね。ネット上では「いない人」になりますし、高単価な仕事もできません。

批判する人、こうやって損ばかりしています。『もったいないなあ』、と見ておきましょう。

ちなみに、月のブログ収益600万円、毎日更新700日超えのブロガー、マナブさん(@manabubannai)はこんなことを言っています。

批判はムダですね。

そもそも収入の種類が違います。

たぶんですが、、批判する人は、ブログとバイト(労働)が全く違うってことを理解できていません。

・バイト→労働→時間を売った対価
・ブログ→事業→寝ててもお金が入ってくる

こういう違いですね。

例えば、コンビニバイトの場合、休んだらお金入ってきませんよね。会社員の場合も、最初は入るかもですが、結局お金は入ってこないです。

でも、ブログって一回公開したら永久的に読まれ続けるんですよね。昼夜は関係ありません。

ですので、そもそも形が違うわけです。

ブログ書くよりも、バイトした方が早いじゃん。笑

っていうのは、「光と象、どっちが重い?」と同じくらい、論点がズレています。

比べることに意味がないっていうことも、批判を聞かなくていい理由の1つかなと。

余談:肯定しない=批判ではないことには注意

少なくとも僕がみる限り、圧倒的に批判が多いです。悲しいけど、これは事実です。

でも、たまーに『アドバイス』をくれている人もいるんですよね。

それは耳を傾けた方がいいかなと。

例えば僕は「デブ」と言われたら「んー違うなあ」と思いますが(やせ型です)、「そこ適当にやるのは、違うんじゃない?」と言われたら、気をつけてます。

たくさんいろんなことを言われてるから、そんないちいち区別できないし。。

という意見があるのもわかります、確かに頭パンクします。

ですので、現実的には

信頼できる人 or 特に目についたもの(もっともだなあ)と思うものだけを気にすればOKかなと。思考停止して、全部をはねつけるのは、よくないかもという話です。

ブログで稼ぐだけでは、不安定なのも確かです。

ブログからの収入は、不安定です。トップブロガーになれば、また話は違うかもしれませんが、普通は不安定。

というのは、これはしょうがないのですが、Googleの手のひらの上なんですよね。

どれだけいい記事を書いても安心できません。アルゴリズムの変化で、普通に圏外にふっとびます。

例えば、6月4日に検索順位の変動がありました。

このリプ欄を見ればわかるのですが、、、海外のブロガーっぽい人たちがザワついてますね。

ぶっちゃけ、Google先生のご機嫌で、収益がごろっと変わる。これが現実です。

ですので、「ブログだけで食べてく」っていうのは、ちょっとリスクが高いかなと。

じゃあどうすればいいのか、次に紹介します。

労働収入×事業収入がベストです。

事業収入を育てる。でも、それがふっとんだ時になんとかなるように、『高単価なスキルを身につけて労働収入を確保』。

これが、たぶん、今一番いい方法です。

ロジックは次の通り。

事業は育てるのに時間がかかる
→その時間を作らないといけない
→働く時間を減らすしかない
労働収入は結果が出るまでが早い
→高単価なスキルを身につける
→収入はキープしつつ、時間を確保できる

2つ合わせると、

事業を育てるのには時間が必要
→高単価なスキルで稼ぐ
→時間を確保

っていう感じですね。

もちろんGoogleで事業がふっとんだとしても、食べていけるのも強みです。

具体的に、高単価なスキルってなんだっていう話ですが、今なら間違いなくIT分野です。

僕みたいな大学生でも、時給4000円レベルで働けましたので。

最後に: 稼ぎ始めるなら今です[タネをまき始めよう]

記事のポイントをまとめておきます。

  • 批判はムシしてOKです。
  • 自分の首を締めてるだけ + 収入の種類が違います
  • ただ、思考停止はもったいないかも
  • Google次第なので、ブログは不安定です
  • だからスキルをつけて、労働単価を上げましょう

こんな感じですね。

繰り返しになりますが、、、ブログ=事業にはどうしても時間がかかります。ですので、動いてタネをまき始めるのは早いほうがいいですね。

プログラミングも同じです。

とは言っても、何から手をつけたらいいのかわからない、、、

っていう方は参考リンクを見ていただけたらという感じですね。

では以上です。

この記事が少しでも、批判への防音材になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です