[事実]ブログが読みやすくなる文章構成を紹介する[真似してOK]

こんにちは、かわそんです!

「ブログの文章って、どうやって組み立てればいいんだろう? できたらたくさんの人に、最後まで読んでもらいたいし、、、
検索上位に出しつつ、記事全体や、パラグラフを構成する、いい方法を聞いてみたいです。」
このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログの文章を組み立てる方法
  • 読みやすい文章には「練習」が必要
  • 読者の気持ちを考えるのが、最重要

この記事を書いている僕は、3000文字くらいのブログを、毎日更新しています。

最近、Twitterでも
「読みやすい」
って言っていただけることが多くなりまして、今回は方法を共有しようと思います。

サクッと読めるはずです。

初心者でも、すぐに取り組めます。
真似してOKですよ。

[事実]ブログが読みやすくなる文章構成を紹介する[真似してOK]


こんな順番でお話していきます。

  • 文章全体の構成
  • パラグラフの中の構成

森をみて、それから、木を見るっていう流れですね。

ブログ全体の構成

結論から。

h2タグ2つ、それに対してh3タグを2~3個くらい

上記の通り。
これくらいで、3000文字くらいになるはず。

そしてこれは、読んでいて飽きない長さです。

特にスマホじゃなくてPCだと、スクロール量が少ないので、2000文字くらいだと「アレ?」ってなりますし。

絶対に3000文字っていうわけじゃないですが、一つの目安にはなるかなと。

✔️見出しには大した意味はない

、、、これは意見分かれるかもです。

「見出し自体には、大して意味ありません」

あくまでも、「区切り」のためのものです。だらだら長いのは、読んでいて退屈ですからね。

とはいえ、段落と全く関係ないとかは、ダメですよ。

✔️h2タグには「キーワード」を入れるべし

検索上位に出す。
いわゆる「SEO対策」として、大切なことです。

h2タグには「キーワード」を入れましょう。

キーワードとは、読者が検索して記事にたどり着くための、いわゆる「合言葉」ですね。

例えばこの記事なら、
「ブログ 文章 構成」
っていうワードを狙ってたり。

h2タグを見かけたら、ちょっと意識してみてください。

ブロガーの意図がみえて、
けっこう面白いですよ。

✔️参考(キーワードの見つけ方)
[保存版]大学生がブログネタを探す方法[ツールとネタ帳を公開]

パラグラフの中身の構成について

結論、理由、具体例、疑問、強調

上記です。

、、、スミマセン。
わかりにくいですよね。

前半の「主張、理由、具体例」はわかるとして、「疑問、強調」だけ、補足します。

✔️疑問と強調

一言でいうと、下記です。

読んでいる中で出てきそうな疑問を解決しつつ、自分の意見を強調する

上記の通り。
具体例をみた方が早いかもです。

例えば、

「知識に投資しよう」

っていう主張をするとしましょう。

たぶん、

「ググれば出てくるじゃん」
っていう反論が出てくるかなと。

それに対して、

「そうなんだけど、そもそも知らないと、『ググろう』って言う発想が出てこないよね。
法律とか特に。
盗まれたものを取り返すのは犯罪とか、、知ってた?
参考url〜」

こんな感じで答えます。

✔️疑問の放置は、大罪です

ちょっと、ここで注意を。

出てきそうな疑問に答えないのは、NGです。

気づかないのは実力不足っていう話で済むのですが、、、問題なのが、「気づいてるのに放置」するパターンです。

というのは、シンプルに読者のためにならないから。

いい記事ほど、検索上位にきますし、収益にもなります。

そして、Googleは「ユーザ第一」を掲げており、ユーザのことを考えるのが、結局のところ、win-winになるんですよね。

ここは予想ですが、、
疑問に答えないと、読者は「離脱」します。
すると、「よくない記事」って判断されるのかもしれませんね。

「収益化」には別のスキルが必要

ここまで、
「読みやすい文章」
についての話をしてきました。

もし、その文章を「収益化」したいのなら、別のスキルが必要になります。

いわゆる、
「セールスマーケティング」
ですね。

僕はわりと読書好きでして、たくさんの本を読みあさりましたが、、、

ぶっちゃけこの本が、ダントツでよかったです。

過去に写経もしましたが、
具体例というか例文が、神レベルです。

収益化に興味ある方だけ
ぜひどうぞ。

読みやすい文章構成にするには「練習」が必要


じゃあ、どうやったら書けるようになるのか。

「構成を頭に入れつつ、練習あるのみ」

上記が全てです。

近道ありそうだと思うかもですが、、、
少なくとも今の所はなさそうです。

毎日書く練習をしよう

出来るだけ、毎日練習しましょう。

というのは、筋トレと同じだから。
サボると一気に筋肉量は落ちますので、コツコツやるしかないです。

テキトーに書いてもNGですが、
「意識すること」
があれば、確実に力はつきます。

✔️とはいえ毎日はキツイ、、、

「毎日とかキツイ。」

って思うかもです。

それなら、2日に1記事とかでもいいです。

仕事もあると思うので、そこと上手くバランス調整してみてください。

無理な目標は立てずに。
健康が一番ですよ。

✔️「気分次第」はサイアクです

たまにあるのですが、、
「今日は気分いいから2記事書こう」
「気分のらないから、やめとこう」
っていうものです。

これはよくありません。
少なくとも「力をつける」っていう観点では。

例えば、1日に2記事書く場合。
1記事目と2記事目で、大きく変わることはありません。

でも、1記事ずつ書く時。
2日目に「なんか気持ち悪いな」っていう感覚が出てくるんですよね。

これが「筋肉痛」でして、
成長するチャンスです。

最重要なのは、「コンスタントに書くこと」です。

最後に:いい文章構成は、いい体験から

記事のポイントは下記です。

  • h2タグ2つ、h3タグはそれぞれ3つくらい
  • 主張、理由、具体例が基本です
  • さらに、疑問、主張があると最高
  • 収益化はまた別のスキル
  • コンスタントに練習しましょう

こんな感じですね。

一気に全部意識する必要は、ないです。

「毎回1つずつ改善してみよう」
これでもかなり力はついてきますよ。

まずは、ポイントを意識しつつ、自分のペースで頑張ってみてください。

ちょっとずつ、書く感覚が変わってきます。

では以上です。
何か意見や質問などありましたら、Twitter(@KKohey4)や、下記フォームにて、お気軽にどうぞ。

✔️記事中のリンク

✔️参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です