[大学生向け]短期留学を味わいつくすポイントを3つ紹介[効果アリ]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

「大学生です。短期留学行こうと思っています。せっかくいくので、いろんなことを経験しつつ、英語力も上げたい。やってよかったこととか、留学経験のある人に聞いてみたいです。」

このような意見に答えます。

本記事の内容

  • 絶対に外したくないポイントを3つ紹介します。
  • いろんな国の友達を作ること、チャレンジすること、楽しむこと
  • 僕が実際にやってみたこと

この記事を書いている僕は、二年くらい前に、UCI(University of California, Irvine)に短期留学しました。

楽しかったし、想像もしていなかった学びも多かった。

正直、今までの人生の中で、あれが一番濃い体験だったって断言できます。

そこで今回は、これから短期留学をしようと思っている大学生に向けて、外せないポイントを紹介できたらなと思います。

今回は、だいたい1ヶ月くらいの短期留学を想定しますね。

[大学生向け]短期留学を味わいつくすポイントを3つ紹介[効果アリ]

・いろんな国の友達をつくること
・チャレンジすること←授業の外の話をします
・楽しむこと

上記の通り。これは外せないポイントかなと思います。

どれも共通なのは、

日本ではできない体験にフォーカスする

っていうことですかね。

1ヶ月っていう期間を考えると、やりすぎるくらいがちょうどいいかなと。

それぞれについて、例を出しつつ、説明しますね。

①いろんな国の友達をつくること


たぶん、留学先には、いろんな国からの留学生がきていると思います。

ですので、その人たちにガンガン絡んでいって、友達になりましょう。

理由は

・いろんな文化の違いを学べるから
・留学にきているのは、その国でもモチベーションが高い層だから

上記の通り。

、、、ちょっとぼんやりしているので、僕の例を出しますね。

✔️世界中の友達[例]
UCIでは、入学の際に英語力のテストをしまして、その成績次第で、初級〜上級クラスに分かれます。

僕は運よく、一番上のクラスに入れたのですが、そのクラスの国籍は下記の通り。

・日本、韓国、中国などのアジア
・フランス、ドイツなどのヨーロッパ
・アルゼンチン
・キルギス
・ロシア

ぶっちゃけ、ここまでいろんな国から、留学生が集まる環境はないかなと。

講義中には、ガンガン発言します。なかなか話せなかったのは、日本人だけ。

もちろん文化の違いですが、なんか、、「発言するのがふつうなのかも。」って思い始めるんですよね。

ちょっとずつ自分の意見を話せるようになってきます。

関わっていても、少しでもたくさん学ぼうっていう、ケタ違いの「熱意」っていうんですか、ヒシヒシと伝わってくるんですよね。

こうやって違う文化の渦にもまれて、熱意に引っ張られながら、少しづつ自分が変わってくる。この体験をするためにも、ぜひ仲良くなって、友達になりましょう。

②チャレンジすること←大学の外の話です


授業の外で、ガンガンチャレンジしましょう。自分の語学力のリアルがわかりますので。

というのは、大学の先生は、留学生の英語に「慣れて」います。

アクセントのクセや、ミスりがちな所がわかっているので、意味を汲み取ってくれるんですよね。

でも、ふつうのネイティブに伝えるとなると、、、かなーり違うなっていう感覚が出てきます。まじで通じない。

大学の先生に伝える力 < ふつうのネイティブに伝える力

ですが、ぶっちゃけ「語学力」って、「ふつうのネイティブに伝える力」なんじゃないかなと。

このギャップを知るためにも、ガンガン「授業の外」でチャレンジしましょう。

✔️挑戦の例[恥ずかしいけどokです]
やり方はいくらでもありますが、僕の場合だったら、2つの挑戦をしていました。

・店に入ったら、知ってることでも店員さんに聞いてみる
・バスでちょっと知らない場所に行ってみて、すれ違う人に道を聞きまくる

上記の通り。

こういった小さいことでも、「あ、合ってるって思ってたけど、この発音って違うんだ」とか、いろんな気づきがありますよ。

ぶっちゃけ、失敗しても外国ですので、恥ずかしいっていう感覚、あまりありません、笑 動けば動くほど、学びは多いですよ。

③楽しむこと[留学の目玉です]


いうまでもないことですが、楽しみましょう。

、、、言い方が難しいですね。笑 「楽しんでいいよ」、の方がニュアンス的に近いかもです。

「勉強しにきてるんだ、遊ぶのはチガウ」みたいに、変に背負いこまず、遊んでOKっていうことです。海外なら、遊びも勉強になります。

というのは、遊ぶにしても言葉を使ってコミュニケーションをとり、乗り物に乗って、、、っていう体験の中で、スキルは磨かれるんですよね。

教室で

「2人ペアを作りましょう。Aさんが運転手、Bさんがお客さんっていう役割で、会話の練習をしましょう。」

っていうやりとりよりも、よっぽど役に立ちますよ。

楽しむことに、後ろめたさは感じなくてOKです。

NGな留学中のTOEICの点数も上げたいっていう方は、こちらも参考にどうぞ過ごし方は2つ

ちょっと、これもったいないなあ。っていう過ごし方を2つ紹介しますね。

・ひたすら引きこもる
・日本人とばかり関わる

上記の通り。

✔️『引きこもる』

日本でOKです。ホストファミリーと過ごすならいいですが、自分の部屋に閉じこもっちゃうと、学びはないですよね。ディズニー行ってパズドラやってるみたいな感じ。

✔️『日本人とばかり関わる』
日本でOKです。日本語はできるだけ使わず、別の国の人とコミュニケーションとりましょう。まあ、これはイメージつくかなと。

※ちなみに、クラス分けテストがある場合、レベルの低いクラスには日本人が集まります。僕の時は、15人くらいの学生のうち、3人?だけ外国人っていう状況だったみたいです。

ぶっちゃけ、この2つを意識するだけで、ふとした時に、自分がもったいないことをしてるな〜って気づけますよ。

余談:TOEICの点数も上げたいっていう方へ

「せっかくなので、留学前と留学後でTOEICを受けておきたい。どれくらい変わるかな。」
っていう方もいるかなと思うので、ちょっとTOEICの話をします。
※英語圏には行かないよ〜っていう方は、全然読み飛ばしてください。

先に言っておくと、1ヶ月くらいの留学で、爆発的に英語を話せるようにならなければ、読めるようにもなりません。点数っていう視点で考えると、最大の強みは「外国行ってきたんだから、できるんじゃね?」っていう思い込み=勢いです。これを使います。

方法については[短期留学を活かせ]TOEIC560点だった大学生が1ヶ月間英語に漬かった結果で解説していますが、4行でまとめます。

(、、、ブログ始めたばかりの頃の記事ですので、ヘタでした。すみません。)

  • 560点→840点まで上がります。[上がりました]
  • 留学前: 金フレと公式問題集
  • 留学中: 挑戦と記録
  • 留学後: 勢いの維持

上記の通り。

各ステップについて、ちょっとだけ説明します。

✔️留学前にやるのは、金フレって言われている単語帳と公式問題集ですね。1周はしましょう。

公式問題集のコロコロ変わりますので、留学のタイミングに合わせて、本屋さんとかをチェックしてみてください。

金フレはこちらですね。

1000円もしないのに、まじでTOEICで出てくる単語がいっぱい入っています。控えめに言って、神ですね。

✔️挑戦=チャレンジの話は上記の通り、留学中は、講義とか街で流れてる音声とかを、録音しておきましょう。

✔️留学後は、試験まで音声を聞きつつ、勢いを維持ですね。あと、公式問題集の2周目をやっておきましょう。

ちなみに形から入るのも効果的でして、僕はジャスティンビーバーみたいな、パーカーとキャップをかぶり続けていました。

、、、今から思えば、ちょっと恥ずかしいですが。笑

なかなか最後までたどり着けもしないTOEICで、「思い込み」って意外と大切です。この強みと、基礎知識(金フレ)、慣れ(公式問題集)を押さえておけば、点数は伸びやすいですよ。

最後に:濃い時間を過ごせることを祈ってます。

記事のポイントをまとめておきます。

  • 短期留学で外せないポイントは3つです。
  • いろんな国の友達を作ること、チャレンジすること、楽しむこと
  • 引きこもり、日本人ばかりはNGです
  • TOEICで点数上げるには、留学前、中、後でやることがあります
  • 「勢い=思い込み」、大事です

こんな感じですね。

ぶっちゃけ、今回紹介したことを少し意識するだけで、かなり充実感は変わってきます。

僕の体験を出しつつ説明したので、ちょっとだけでも留学前のイメージとか、つきましたかね?

はい、では以上です。

この記事が少しでも、充実した留学生活を送るきっかけになれば、幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です