[問題なし]大学生になったけど「孤独」です←自信を持っていい

こんにちは、かわそん(@KKohey4)です〜!

「大学生になりました。なんか、、孤独で寂しいなあ。今まで実家で、誰かはいる環境だったので、急な変化に追いつけません。同じような感覚がある大学生から、話を聞いてみたいです。」

このような疑問に答えます。

✔️本記事の内容

  • 孤独を感じる時3パターン
  • 全く問題ない

この記事を書いている僕は、大学4回生。

割と1人でブログとか、コードを書いてまして、孤独です。

こんな僕が今回、「大学生と孤独」について、書いてみたいと思います。

3分で読めますよ(^^)/

本記事は
極上の孤独 と、ブチ抜く力 での学びを含めて、執筆します。

[問題なし]大学生になったけど「孤独」です←自信を持っていい


まず、どんな時に孤独を感じるものなんでしょう。

大きく3パターンだと思っています。下記の通り。

  • ヒマな時
  • ふとした時
  • 比べた時

どうでしょう?
あるあるって思った方もいますかね。

「ヒマな時」に孤独を感じる

シンプルにやることがない時、
「1人だなあ」って実感します。

割と、漠然ぎみに。

でも、これが不思議なことに、意外とと引きずるというか、心に響くタイプの「寂しさ」ではなかったりします。

きついのは、次ですね。

「ふとした時」に孤独を感じる

ふとした時。

これが一番心に刺さります。

バイト終わって1人でご飯食べてる時、テレビをぼんやり見ている時、SNSを触っている時、、不意打ちで「寂しさ」が襲ってくる。

どうでしょう。伝わりますかね?

「俺何やってるんだろ、、」

って、ふつうにボロボロ涙が出てきたりします。

「比べた時」に寂しさを感じる

楽しそうな「誰か」を見た時。
自分の孤独に気づきます。

比べちゃうんですよね。

彼らと自分は何が違って、なんで自分は1人なのかって。

飲み会でワイワイ、サークルで友達いっぱい、、、
これが羨ましかったり。

僕の例

ちょっと、自分がどんな感じだったか、4年間を振り返ってみました。

始まった頃→最高
3ヶ月くらい→なんか寂しい
〜2年→慣れる、感覚なし
〜3年→時々波がくる
〜4年→完全に慣れる

こんな感じでした。

徐々に、慣れてきます。

大学生の「孤独」はなんの問題もない

ぶっちゃけこの「孤独」、なんの問題もないです。

冷静に考えれば、この感情に意味はなく、メリットしかないんですよね。下記の通り。

  • 時間の使い方を学べる
  • 個人の力を上げられる
  • 友達の大切さがわかる

上記の通り。

ここからは「極上の孤独」 と「ぶち抜く力」 を踏まえた内容になります。

まだ読んだことない方は、1冊持っておいていいかなと。

時間の使い方を学べる


まず、24時間っていう、限られた時間の使い方を学べます。

特に全休の日とか、土日は。

昼まで寝ていたらやりたいこともできないんだなあっていう、当たり前のことから、生産性のない時間を過ごすことの、虚しさまで。

いい意味で枠に縛られないからこそ、
自分の管理能力をきたえるきっかけになるんですよね。

個人としての力を上げられる

一番大きいメリットが、これです。

何かに没頭したり、自分の興味のままに行動してみたり、、

これが 「ぶち抜く力」 で書かれてたことです。

<>b「何か1つのことに魂を売る。」
時間的にも、体力的にも、大チャンスなのが大学生の時でしょう。

将来的に「ぶち抜く」ための準備を。
いや、大学生からぶち抜けるかもですね。

大学生で頭ひとつ抜き出る例

ちょっとだけ、昔話をさせてください。

僕は、プログラミングに没頭した時期がありまして、その結果どうなったか。

ハッカソンで受賞
カフェでプログラミングバイト
換算時給1万円

ちょっと、大学生っぽくないかなと。

最低3週間、魂を売れば、かなり見える景色は変わってきますよ。

友達の大切さがわかる

友達の大切さがわかります。

というのは、たまに会ったり、飲みに行ったり、バカなことができる友達って、ほんとに安心するんですよね。

当たり前だと思っていたことが、
改めてありがたいことだなあって思えます。

友達が少ないのはいいこと

ここまでくると、

「俺、、友達めちゃ少ないし、、」

って感じる人がいるかもです。

実際、よくこういう言葉を聞くのですが、、、ぶっちゃけ少ない方がよくないですかね?

よく考えれば、自分と気の合う人間が、そんなにたくさんいるわけありません。数が多いほど自分を殺して、合わせに行ってる可能性がある。

それよりは心から打ち解けられる友達が、数人いた方が幸せではないかなと。

僕も実際は3人くらいしかいません。

「極上の孤独」によると、これが「将来的に顔に出てくる味」になるはず。
かっこよく、歳を取りたいですよね。

それでも寂しさに耐えられない時

メリットがあるって聞いても、寂しさに耐えられない。

まあ、人間って感情の生き物ですので、しょうがないかなと。

そんな時は、とびっきり忙しくしてみたらいいと思います。

目の前のことに夢中になって、
それ以外考えないくらい没頭する。

こうすれば、最初のうちはとりあえず、充実感>寂しさになりますよ。

ただし、やりすぎはNG

しかし、忙しくやりすぎるのはNGです。

例えば、僕は1ヶ月めちゃめちゃ忙しくしました。

インターン、開発、ブログ、、、夜中にラーメン食べてて、「自分の今」が虚しくなったことがあります。さっきの「ふとした時」ですね。

ここまでくると、やりすぎです。
1週間くらいやってみるくらいでokです。

最後に:「寂しさ」は成長のチャンスです

記事のポイントをまとめます。

  • 孤独を感じるのは3パターンある
  • ヒマな時、ふとした時、比べた時
  • 全く問題ない
  • 時間の使い方、個人の力、友達の大切さに気づく
  • めちゃ忙しくするのもアリ

こんな感じですね。

「寂しさ」ってどうとも捉えられます。

マイナスにばかり捉えず、ぜひプラスに捉えて、生きていきましょう。

ではでは、以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です