[自己投資]大学生は「2種類の資産」を増やすべし[飛び抜ける]

こんにちは、かわそん(@KKohey4)です。

「大学生です。なんか、、将来不安だなあ。自己投資した方がいいんだろうけど、どんな分野がいいんだろうか?体験談を入れつつ、人生の難易度を下げるための方法を知りたいです。」

このような疑問に答えます。

✔️本記事の内容

  • 2種類の資産を増やすこと
  • 具体的なメリット
  • 分野違いなら、より価値がでる

この記事を書いている僕は、ふだんはweb系の開発をしている大学生。

大学入って2年間で、少なくとも100万は自己投資してきました。

今回はその内容や効果を紹介しつつ、自己投資について掘り下げていきます。

3分だけお付き合いくださいませ。

[自己投資]大学生は「2種類の資産」を増やすべし[飛び抜ける]

Global economy, money and business design, vector illustration

まず、こんな流れで進めていきます。

増やすべき2つの資産
→それぞれの具体例

ではいきましょ〜!

大学生が増やすべき2つの資産

結論から。
下記の2つです。

情報資産・知識資産

上記の通り。

これが高いと、「普通の大学生」からは、頭ひとつ抜けます。

情報資産とは

文字通り、頭に入っている「情報」のことになります。

もちろん大学の講義とかもそうですが、、これだけじゃ不十分です。

というのは「生きるために有利」なものじゃないから。

例えば、税金・教養・食事あたり。
知ってるか知ってないかで、大きく変わります。

知識資産

これは「手に職つける」系のスキルです。

まあ、情報資産の中に含まれる印象ですね。

例えば、プログラミング・マーケティング・ライティングなど。シンプルに需要があって、自分の価値を上げてくれるものです。

僕が資産を増やした方法

例えば、僕がどんな方法で資産を増やしてきたか。ざっくりとこんな感じです。

テックアカデミーに通って、プログラミングを習得
・書籍(税金、思考、生き方)
・ブログ(サーバー、テーマ)
・有料note(マーケティング)

このあたりです。
シンプルにコスパいいんですよね。

だって、維持費とかないし、一回身につけたらずっと使えますので。

自己投資の具体的なメリット

じゃあ、自己投資するとどうなるのか。
これも例を見た方が、圧倒的に早いです。

さっきの投資の結果、こうなりました。

時給:890円→3000円(最高1万)
場所:コンビニ→カフェ
睡眠時:0円→起きたら1万の日も

どうでしょう。
自分の頭を資産化していくメリットが伝わったでしょうか?

大学生が自己投資する際の補足


本題は、ここ「まで」です。

ここからは2つの補足をします。下記の通り。

実は資産は4つある
分野違いなら、より価値が出る

実は資産は4つある

ここまで読んで、

「資産って2種類しかないのかな?もっと他にもありそうだけど、どうなんだろ?」

って思う人がいるかなと。

鋭いです。実は他にも2種類ありまして、下記の通り。

金融資産
人脈資産

上記の通り。
まとめて説明しますね。

残り2つの資産とは

ざっくりいうと、こんな感じ。

金融資産→投資
人脈資産→人との繋がり

上記の通り。

なんで「増やすべき」と言わなかったのか。

もちろん多いに越したことはないです。が、個人的には「後からでいい」と考えているからです。

後からでいい理由

なんで後からでいいのか。

下記の通り

金融資産→元手が少ないとリターン低い
人脈資産→さっきの資産が「前提」になってるから。

上記の通り。

金融資産の方はイメージつくかなと思うので、人脈資産だけ、ちょっと補足しますね。

例えば、なんのスキルもない人から、「今度話させてください」って言われたら、どうでしょ。気乗りしますかね、もちろん人柄がわかってるならいいですが。

やっぱり自分が「give」できるものがないと、シンドイ。
質の高い繋がりとか、作りにくいです。

分野違いなら、より価値が出る

こう思う人もいるかもしれません。

「でも、こういう知識とかスキルって、大学で勉強しないし、、、」

逆に考えましょう。
こう思ってる人が多いからこそ、大チャンスです。

分野が違うからこそ、もっと価値が出るわけです。

どういうことか。
プログラミングの例を見たほうが早いですね。

差別化できない場合

「プログラミングやってる」

こうやって聞いた時、どの学部をイメージするでしょうか?

たぶん「情報系」ですよね。

もしこの通りに情報系なら、差別化できていないっていう証拠です。

差別化できる場合

ただ、文系とか他の学部だと、一気にライバルがいなくなります。

というのは、その分野では尖りきれなくても、かけ合わせると一気に少なくなるから。

確率の話です。
100人いたら1位のスキルレベルを持ってたとしましょう。

レアそうに見えて、日本の人口は1億オーバー。
これくらいなら、ゴロゴロいることになります。

でも、別分野でそのスキルレベルを持ってたら?
100×100=10,000に1人のレア度になるんですよね。

こんな感じで、一気にライバルが減ります。

この考えはホリエモンの「多動力」で学びました。ベストセラーですが、まだ読んだことない方はぜひどうぞ。文庫版で十分ですよ。

まとめ:他の人が自己投資に気づくより先に、踏み出そう

記事のポイントをまとめます。

  • 情報資産と知識資産が大切
  • 大学の講義では足りない
  • 他にもスキルはある
  • しかし、後から追いついてくる
  • 分野違いなら、逆に価値が高い

周りの大学生は、気づいていない人がほとんどかなと。

飲み会行ったり、バイトしたり、、、
あんまり意味はないです。

ぜひ彼らが気づく前に、自分で行動して、勉強してみてはどうかなと思います。

ではでは。

✔️本文中のリンク

✔️関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です