[哲学の教養]人生のツラさを圧倒的に軽減する4つのマインド[必見]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

「人生がツライです。毎日が面白くない。頑張っても誰も認めてくれないし、上司も尊敬できません。こんな現実はイヤなので、何か心がフッと軽くなるような考え方とかあったら、聞いてみたいです。」
このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • 人生がグッとラクになる考え方を紹介。
  • 道具として、哲学を使います[簡単]
  • 考え方=世界です
この記事を読んでも、絶対的な世界は全く変わりません。ただ、客観的な現実は変わります。実はこれだけで、だいぶラクになりますよ。

[哲学の教養]人生のツラさを圧倒的に軽減する4つのマインド[必見]

今回解決するシチュエーションは下記の通り。

  • 僕は正しいことを言ってるはずなのに、認めてくれない
  • なんか難癖ばかりつける人がいる、うっとうしい。
  • 見えないところでも頑張ってるのに、報われない
  • なんか結果出してる人を妬みがちだなあ

そして、解決する道具は

  • 僕は正しいことを言ってるはずなのに、認めてくれない←『ロゴス』
  • なんか難癖ばかりつける人がいる、うっとうしい。←『悪魔の代弁者』
  • 見えないところでも頑張ってるのに、報われない←『公正世界仮説』
  • なんか結果出してる人を妬みがちだなあ←『ルサンチマン』

上記の通り。

どっかのシチュエーションでストレスを感じたことがある人も多いのでは。

これはマインド変えれば解決です。

世界の哲学者たちの言葉を借りつつ説明しますね。

僕の苦い経験も公表します。

僕は正しいことを言ってるはずなのに、認めてくれない←『ロゴス』

『正論』で人が動くか。NOです。

というのは、そもそも人が動くには3つの要素が必要でして、『論理』はその1つにすぎないんですよね。

「論破」っていう言葉が流行った時期もありますが、、、実社会でこれをやっても、打ち負かされた側は単純に恨みますよね。

少なくともいい方には状況変わりません。

人が動く要素3つは下記の通り。

ロゴス=論理
エトス=倫理
パトス=情熱

繰り返しになりますが、この3つがあって初めて人は動きます。

ですので、自分の言うことを認めて欲しいなら、

「道徳的に正しい」と相手が思えることを、「熱意を込めて」、「論理的に訴える」。

これ、できていますか?

特に熱意がごっそり抜け落ちてる人多いです。

人に認めて欲しかったら、理詰めしていないか、冷静に振り返りです。

なんか難癖ばかりつける人がいる、うっとうしい。←『悪魔の代弁者』

決定直前の案に、難癖をつけられて振り出しに、、、どんな話し合いでも割と起きますよね。

ムカつくのはわかります。でも、この人って意外と重要だったり。

というのは、心理学者のアーヴィング・ジャニスが見つけたのですが、

似た者どうしが集まると、決定の品質は落ちる

んですよね。

ですので、こうやって話に横槍を入れる人がいるおかげで、議論の質が上がっていると捉えられるワケです。

有名な例があります。キューバ危機です。

ソ連がアメリカの足元、キューバに核ミサイルを配備している。一刻の猶予もなし。

そこで当時のケネディ大統領は会議にあるルールを設定したんですよね。

・会議に自分は出席しない←メンバーに忖度させない
・自分の専門分野を超えて話し合うこと

ここまではわかります。

問題はもう一つの隠しルール。

司法長官と大統領顧問に、とにかく難癖をつける役割を与えたこと

です。

このおかげで、有益な議論ができて、戦争を回避できたんですよね。

「うっとおしい」じゃなくて、「この横槍でもっといい案が出るきっかけになるかもしれない」。こういう捉え方をすれば、ストレス軽減です。

見えないところでも頑張ってるのに、報われない←『公正世界仮説』


まあ当たり前のことですが、「努力は報われる」っていう不正確な言葉からきている悩みですね。

たぶん、こういった悩みをもつ場合のロジックは次の通り。

努力は報われるはず(信念)→隠れた努力も報われる→報われないのはおかしい

そして、「努力は報われるはず」という信念のウラにあるのが『世界公正仮説』なんですよね。

心理学者メルビン・ラーナーによると、「世界は公正であるべきだし、実際にそうだ」というもの。

ですので、正確に言い直すと次の通り。

世界は公平であるはず→頑張ってる人はそうじゃない人より報われるはず→頑張っていればいずれ報われる→報われないのはおかしい

、、、しかも厄介ですが、これが社会への逆恨みにも繋がることも。

いいことなしですよね。

だから、正確な知識を学ぶべき。

プリンストン大学マクナマラ准教授の論文によると、

練習が技量に与える影響の大きさは、スキルの分野によって異なる。スキル習得のために必要な時間は決まっていない

上記の通り。

だから、努力が報われるとか、根拠ない願望は持たずに、結果出たらラッキーくらいに捉えた方がラクですね。

なんか結果出してる人を妬みがちだなあ←『ルサンチマン』

「酸っぱいブドウ」という話。

キツネが美味しそうなブドウを見つけるけど、手が届かない。

だから「あんなの酸っぱいに違いない」って言い捨てるというイソップ童話ですね。

これと同じです。

「弱者」が「強者」にもつ、嫉妬とか劣等感 = ルサンチマン

でして、厄介なのが

自分の成長チャンスを奪う

んですよね。

ですので自分のためにも徹底的に素直になるべき。

この方法とメリットについては、ボリュームが出ますので、別記事を用意しました。

『素直な人が結果を出す』たった2つの簡単な理由←捻くれてた昔の自分へ

嫉妬っぽい感情が出てきたら、ああ、今自分は損してるんだなと考えればOKです。

僕の実体験を公開

これを書いていて思ったのですが、僕がこの4つを知らずに損したことってかなり多いです。

例えば以下の通り。

  • 彼女との喧嘩でひたすら理詰めする
  • 話し合いで、気が合いそうな人だけを集める
  • 努力は報われると信じてひたすら勉強
  • お金稼げてる友達に嫉妬

結果は

  • 彼女との喧嘩でひたすら理詰めする→つまらなくてふられる
  • 話し合いで、気が合いそうな人だけを集める→雑談的な場になる
  • 努力は報われると信じてひたすら勉強→浪人
  • お金稼げてる友達に嫉妬→ひたすらバイトしかしない

ですね。

改めて、知識・情報の力って大きいなと。

知ってるか知ってないかで、大切なものを失う確率が大きく変わります。

生きやすさも同じ。

しっかりといろんな情報に触れて、自分の中に軸を持っておくべきですね。

考え方=世界という話[絶対の正解はありません]

絶対正しい解釈なんかあり得ません。

同じものを見ても、人によって捉え方は変わってきますよね。

というのは、やっぱり一人一人が育ってきた環境とか、経験したことが全く違うから。

街中で見かける奇抜な格好をした人は、一般的には「奇抜」と見られますが、本人的には納得しているはず。

見た目で浮くと「出る杭は打たれてしまう」日本ですが、今回紹介したのは頭の中だけで完結します。

ですので、「解釈の軸を増やして、世界をいいように捉える」力って、人生100年時代ではかなりウェイト大きいのではないかなと思います。

人生からストレスを排除しましょう

記事のポイントをまとめておきます。

  • 人生は捉え方次第で大きく変わります
  • その軸を4つ紹介しました。
  • 人生100年時代、なるべくストレスを排除したい
  • だからこういうマインドって大事

こんなところですね。

哲学者や心理学者の言葉を借りて、ここまで説明してきました。

賢い頭脳が見つけてくれた事実を踏まえつつ、自分が生きやすいような解釈ができるようになるといいですね(^^)/

最後に今回参考にした書籍を2冊紹介しておきます。興味があればぜひ。

✔️人から認められるために必要なことがわかります。

✔️今回の詳しい補足+残り46のコンセプトが紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です