IT分野に関わって感じたメリットとデメリット[元アナログ人間より]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

IT業界に興味がある人
「IT業界に興味があります。どんな特徴があるんだろう?
いわゆる「アナログ」な分野と比較しつつ、メリット・デメリットを包み隠さずに聞きたいです。」
このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • IT分野のメリット3つ、デメリット2つ
  • 正しくやれば、スキルはつく(が、難しい)
  • アピールしつつ、スカウトを呼ぶ

この記事を書いている僕は、物理を専門にしている、大学生です。

元々はコードを紙に書いていたくらいの、徹底的なアナログ人間。

でも今は、プログラミングスクールで年間50人以上を指導しています。

個人でもweb開発の仕事を頂くことができるように。

ある程度「分野の比較」ができるようになったので、その紹介をしていきます。

3分だけお付き合いくださいませ(`・ω・´)ゞ

IT分野に関わって感じたメリットとデメリット[元アナログ人間より]

結論から。
下記の通りです。

✔️メリット

  • 高単価
  • 効率的
  • 強い個人になれる

✔️デメリット

  • 非効率が気になる
  • 変化が激しい

上記の通り。

では、それぞれサクッと見てみましょう。

IT分野のメリット3つ

繰り返すと、

  • 高単価
  • 効率的
  • 強い個人になれる

でした。

基本的に
「個人として強くなる」
ことに特化できる分野でして、説明します。

✔️仕事が高単価

下記のツイートをご覧ください。


IT分野の仕事は高単価です。

しかも、自分のスキルの分だけ、どんどん時間単価をあげることができます。

「成果主義」ですので、スキルが高ければ、かける時間をどんどん短くできるというわけです。

だって、、大学生でも時給換算1万円ですよ。

普通のバイトとかが、時給900円くらいだとすると、10倍以上。

こんな分野、他にはありません。
美味しいです。

✔️働き方が効率的


IT分野は、かなり効率的に仕事をすることができます。

というのは、時間と距離の概念がなくなるからですね。

例えば、上記の写真をご覧ください。

ビデオミーティングをしているところでして、
東京の本社と、大阪を繋いで、話し合っています。

顔を合わせることなく、コミュニケーションコストをガクンと下げる。

議事録や会話もwebやslackを使えば十分。

ムダを徹底的に、削ぎ落とすことができます。
効率的な働き方ですよね。

✔️「個人として強く」なれる

これは、最大の強みかなと思っています。

ITの世界では、「スキルの汎用性」が、異常に高いです。

どういうことか。

身につけたスキルの使い回しが可能

上記の通りです。

例えば、A社でwebプログラミングスキルを身につけたとしましょう。

そのスキルは、個人で稼ぐ武器にすることが可能です。

一方で、従来の働き方。

新製品の開発をした経験。

個人では、何も使えません。だって、作るために必要な道具が高いですもん。

会社とかへの依存を減らし、個人の力をつけることができる。

これは、かなり大きいメリットなはず。

IT分野のデメリット

これも、繰り返しておきましょう。

  • 非効率が気になる
  • 変化が激しい

上記の通りでした。

これは無視できないので、見てみましょう。

✔️非効率が気になる


ITにある程度詳しくなると、、、周りの非効率が、気になってきます。

だって、ムダなことをするのって、もどかしいじゃないですか。

例えば、

・わざわざ紙で保管する
・印鑑文化
・メール文化
・定刻出勤の習わし

こんな辺りですかね。

ですが、こういうのって、「上」のおじさん方が決めていることが多いです。

ですので、すぐには変えられない。

自分の手が届かないところの非効率が気になって、モヤモヤする

これは、ちょっとツライですね。

✔️変化が激しい

IT分野の流れは、激しいです。

どんどん便利で、新しい技術が生み出されるからですね。

例えば、一昔前だと、インフラの設計は、専門のエンジニアがやるしかありませんでした。

でも今は、AWSっていう技術が出てきて、自動でアクセスの負荷を分散してくれたりしています。

昔の技術に固執していると、時代に置いていかれます。

ですので、「技術を学ぶのが苦」っていう人には、ツライ。

というか、「向いてない」ですね。

ITでは正しく取り組めば、力はつく

ここまでは

IT分野のメリット・デメリット

を紹介してきました。

ここからは

どうやってIT分野と関わっていくか

という話をしていきます。

ITに限らず、どの分野でも、始めるに当たって、それなりの基礎スキルは必要ですよね。

IT分野とスキルの関係は、下記です。

正しくやれば、スキルはつく
しかし、「やらない言い訳」を作る人が多すぎる

上記の通り。

分解して、解説します。

ITの力をつける方法


これは、朗報です。
まとめ記事を用意しておきました。

当サイトの
「初心者が0→1を達成する方法」
を集めてあります。

上から読んでいけば、かなりのイメージがつくようになるかなと。

この機会に、ぜひどうぞ。

✔️参考
[保存版]プログラミングを始める前に知っておくべきこと[完全初心者むけ]

時間を作る方法

さっき「やらない言い訳」をする人が多いっていう話をしました。

・時間がない
・まあ、気分がノったら

こういうことを、人生が終わるまで繰り返すタイプの人ですね。

身に覚えがあるなら、下記から始めるべきかなと。

土日とスキマ時間をフルコミット

上記の通り。

✔️どうやってスキマ時間で勉強するか

結論は
動画を利用する
ですね。

持ち運びは、スマホ1台あればOKですので。

じゃあ、どんな動画がいいか。

個人的にはUdemyがベストかなと思います。

1300円くらいで、20時間分くらいの動画が手に入るので。

おもしろそうな講座があるか、のぞいてみてはどうかなと。

✔️参考
プログラミング初心者はUdemyで成功体験をつかもう[最初の一歩]

IT業界とコネクションを作る方法

これも、結論から。
大きく2通りでして、下記の通り。

・友人経由
・サイト経由

友人経由については、そのままの意味です。

サイトについてだけ、補足しますね。

✔️登録しておくサイトは2つでOK

超大手の2社で十分かなと。

上記の通り。

学生なら、Wantedlyもいいですね。

こんな感じで、スカウトがたくさん届きますよ。

まずは知ってもらわないと、話になりません。
登録は無料なので、忘れないうちにどうぞ。

まとめ:IT分野はまだまだ伸びます

記事のポイントは、下記です。

  • 高単価、効率的、強い個人になれる
  • 非効率が気になる、変化が早い
  • 正しく方法なら、力はつきます
  • スキマ時間を利用
  • 転職サービスに登録しておく

IT分野は、これからも伸び続けます。

大量の資金が流れ込んできていますので。

詳しくは、下記をどうぞ。

✔️参考
[断言]プログラミングの需要が拡大する3つの理由←波に乗るべき

ぜひ、ITいいところを取り入れて、個人としての力を伸ばしていってみて下さいね。

ではでは、以上です。

✔️記事中で紹介したリンク

✔️参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です