プログラミングが「わからない時」の対処法を解説[3ステップ]

こんにちは、かわそん(@KKohey4)です。

「プログラミング初心者です。つまることが多くて、なかなかしんどいです。プログラミングがわからない時って、どうすればいいんだろう?経験のある人から、具体的な成功パターンの、話を聞いてみたいです。」

このような疑問に答えます。

✔️本記事の内容

  • 「わからない」とは何か
  • わからない時の対処法
  • 成功パターン

この記事を書いている僕は、ふだんはweb系の開発をしています。

年間50人以上にプログラミングを指導してまして、初心者の「わからない」の中身がわかってきたんですよね。

今回、参考記事をはりつつ、分解していきます。

3分だけお付き合いくださいませ。

プログラミングが「わからない時」の対処法を解説[3ステップ]

結論から。

初心者の「わからない」は7つに分解できます。

具体的は話は、[初心者]プログラミングがわからない?→7種類あります[解決]でしていますが、ネタバレすると、下記の通り。

  1. そもそも、苦手意識がある
  2. 基礎的な用語がわかっていない
  3. エラー文の意味がわからない
  4. 英語がわからない[思い込み]
  5. 概念が理解できない
  6. 処理のフローがわかっていない
  7. ググり方、その大切さがわからない

これを頭のすみっこに置きつつ、進めましょう。

具体的なシチュエーション

このような質問をもらったことがあります。

1.「エラー出たけどわかりません」
2.「写してみたけど、動きません」
3.「コピペしたのに、実行されません」

内容を分解できるでしょうか?
こんな感じです。

1.「エラー出たけどわかりません」→意味がわかってない
2.「写してみたけど、動きません」→概念がわかってない
3.「コピペしたのに、実行されません」→フローがわかってない

もちろん、これだけじゃないですが、1番のコアはそれぞれ上記の通り。

じゃあ、どうやって対応すればいいのか。

「わからない」の解決方法


さて、「わからない」の中身は分解することができましたね。

ここでは、解決方法を共有します。

ぶっちゃけ、「質問orググる」しか方法はないかなと。

しかし、どっちにもコツがあります。

質問にはテンプレートがありますし、ググるにはキーワードの扱い方が大切だったりします。

かなり長くなったので、気になる方は下記をどうぞ。

✔️参考
プログラミングで詰まった時の質問方法を解説![必要な情報は5つ]

損するのは、自分

ここまで読んで、もしかすると

「わからなかったら、経験者に聞いちゃえば、全部解決するじゃん」

って思うかもです。

でも、これはもったいない。

というのは、その人の時間をもらうことになるわけですから、「負担」が大きいような質問は、萎えさせるんですよね。

そして、だんだん解答も雑になってくる。

こんなことを防ぐために、ぜひ身につけておいてほしいなと思います。

「プログラミングがわからない時」の成功パターン

ここまでは、「誰かに頼って解決する」、方法を紹介しました。

ここからは、「自力」で解決する方法になります。

成功するパターン。
はっきりしてますので、共有します。

成功パターン


大きく2つです。下記の通り。

  • 慣れてくるパターン
  • 意識的にインプットするパターン

上記の通り。
サクッと説明します。

慣れてくるパターン

シンプルに、慣れてきます。
コードを書いているうちに。

体感的には、次の5つのフェーズをたどる感じ。

1.写経(暗闇フェーズ)
2.ちょっとわかる(予測フェース)
3.確信になる(テストフェーズ)
4.楽しくなる(自走フェーズ)
5.力がつく(上がりフェーズ)

上記の通り。

そして、もちろん1日あたりの時間にもよりますが、期間としてはこれくらい。

1.写経(暗闇フェーズ)
2.ちょっとわかる(予測フェース)
----1ヶ月-----
3.確信になる(テストフェーズ)
4.楽しくなる(自走フェーズ)
----2ヶ月-----
5.力がつく(上がりフェーズ)
----3ヶ月-----

だいたい3ヶ月で、ひと通りのフェーズは踏めるはず。

最初はキツイかもですが、何かを始めるときは、どれも同じです。ぜひ踏ん張ってみてくださいね。

意識的にインプットするパターン

僕はどっちかといえば、こっちでした。

まずは、よく起こりがちなエラーをインプットしてしまう。

そして、その解決方法も、自分なりに見つける。

そうしておくと、ちょっと重めのエラーでも、なんとなく解決方法が見えてくるようになるんですよね。

ちなみに、僕はテックアカデミーっていうスクールで、インプットしました。シンプルに、安くてレベルが高かったから。

本気の人だけ、どうぞ。

最後に:「わからない」の先は「楽しい」状態が待ってます。

記事のポイントをまとめます。

  • 「わからない」は7つに分類できます
  • 質問・ググり方にはコツがある
  • 成功パターンは大きく2つ
  • 3ヶ月で慣れるパターン
  • 短期でインプットするパターン

こんな感じですね。

プログラミングって、最初はわからないことだらけです。

でも、それを越えた先には、かなり楽しい世界があったりします。自分の考えを形にできるっていう。

思った以上にワクワクしますし、どこでも使えるスキル。

ぜひ、諦めずに身につけてみてはどうかなと。

ではでは以上です。

✔️参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です