プログラミングのエラー解決方法を5つ紹介[初心者~中級者向け]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

プログラミングに興味がある人
「プログラミングの勉強を始めたのですが、よくエラーが出ます。でも、どうやって対処すればいいのか、よくわかっていません。。。エラーが出た時に、何か基準を持って解決できるようになりたいので、できれば、プログラミングの経験がある人がどうやって解決しているのか、話を聞いてみたいです。」
このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • 主なプログラミングのエラー解決方法がわかります。[5つ]
  • エラーが出た時の、具体的なググり方も詳しく解説します。

この記事を書いている僕は、初心者の頃に、エラーで何回も挫折した経験があります。でも、正しい勉強法を教わって、今は年間50人ほどのいろんなレベルの中高生にWebサービス開発を教えられるようになりました。

ちなみに、初心者がプログラミングで挫折しないようにするための方法については、こちらにまとめておきましたので、よろしければどうぞ。
>>プログラミング初心者の挫折を防ぐ3つの方法

プログラミングのエラー解決方法を5つ紹介[初心者~中級者向け]

結論はこの5つです。

  • まずは、エラー文をしっかり読む。[最大のヒントです]
  • エラーメッセージをそのまま検索してみる。
  • 更新日時に気をつけつつ、GitHubを読む。
  • 質問サイトを利用する。[stack overflowが最大規模です]
  • ある意味で諦めちゃうのもアリです。[詳しく説明します]

説明しますね。

まずは、エラー文をしっかり読むこと。←基本で一番大切です。

当たり前ですが、、、エラー文をきちんと読むことからですね。エラーメッセージも、人が用意したものなので、ある程度しっかりと書かれています。

「でも、エラー文って英語じゃん。。。読むのめんどくさいし、よくわかんないや。」

って思うかもですが、
プログラミングをやっていく中である程度の英語力は必須になってきます。

とは言っても、今はGoogle翻訳の精度も上がってきてますし、うまくこういうツールを使えば、意外と簡単って思えますよ。

この記事でも、「エラー文を読まない」ことについて書いておりますので、参考になれば嬉しいです。

>>プログラミング学習でやりがちな失敗5選←実体験から対策も考えます

エラーメッセージをそのまま検索してみる。

エラーメッセージを検索窓にコピペすれば、かなりの確率で、上位検索結果に関連エラーと解決方法をまとめた記事が上がってきます。

ただし、、、検索結果を過信するのはNGです。特に、更新日時が古いものは注意した方がいいかなと。当時と技術が大きく変更されている可能性も少なくないので。

1年前の情報が古典とも言われるIT業界では、「情報の鮮度」も意識できるといいですね。

更新日時に気をつけつつ、GitHubを読む。

GitHubは英語なので、ちょっと抵抗あるかもしれませんが、情報の宝庫です。

というのは、特に人気のライブラリなど(スターの数が多い)は、世界中の開発者からバグ報告&メンテナンスがされてるんですよね。

GiuHubで注目するといいのは、主に

README 、Wiki 、Issue

の3箇所です。

例えば、人気Gem、StripeのGitHubページだと、この部分です。

情報の信頼性・鮮度両方ともかなり高いので、かなり参考になるかなと思います。

質問サイトを利用する。[stack overflowが最大規模です]


エンジニアが行き詰まった時に、世界中のエンジニアに相談できるコミュニティがあるので、そこを利用するのも有効ですね。

あと、他の人の質問文や解答が出るまでのプロセスからも学べることはすごく多いですし、あいまいさや現状を正確に伝えた上で質問する力もつくので、かなり有益ですよ。

teratailstack overflowなどが有名どころです。stack overflowに関しては、ベータ版として日本語もありますが、英語版は世界最大規模ですので、情報を集めるならこっちかなと。

ある意味諦めちゃうのもアリ←理解は後から追いつくことがあります。

「よっしゃ! PCも手に入ったことだし、これからガンガンプログラミングやってくぞ! すご腕エンジニアになってやる!」

みたいに、モチベーション高くて、気合い入ってる初心者の頃に、「いきなり100%理解しようとする」っていうことをやりがちです。

でも、断言しますが、これはよくないです。。。たくさんのプログラミング初心者と関わってみると、かなりの確率で挫折の原因になってるんですよね。

木を見て森を見ず、といいますか、全体像の把握ができないうちに、細かいところに力を注ぐのは、ベストじゃないです。最初は特に、「よくわからんけど、エラー直ったわ、先すすも。」くらいの大らかさがあってもいいですよ。

これについて、さらに深掘りしたい方は、こちらも参考になるかなと思います。
>>プログラミング初心者の挫折を防ぐ3つの方法

エラーが出た時の、具体的なググり方の紹介[簡単です]


エラーが出たとき、

  • 固有情報+エラー文 でググる

と、割と早めに、エラーの解決方法が書いてあるページにたどり着くことができます。

例えば、Railsアプリの中で、Stripeという人気Gemを使おうとした時、

Uninitialized constant Stripe (NameError)

というエラーが出たとします。

その時は、

みたいにググってみると、一番上にGitHubのIssueページがヒットします。

Uninitialized constantっていう割と一般的なエラーに対して、固有情報を当てることで、「より自分の状況に近い」解決策を絞り込んでるっていう感じですね。

これで見つからなかった時は、固有情報の数を増やしてみたり、色々試してみてください。

最後に: 徐々にエラー解決スピードは上がってきますよ。

記事のポイントをまとめておきます。

  • エラー解決の方法を5つ紹介しました。
  • 信頼できる情報源 + 質問サイトの利用が便利です。
  • とはいっても、最初のうちは完璧な理解を諦めてもOKです。
  • ググり方には、コツがあります。[情報を絞る]

こんな感じですね。

あと、6つ目の選択肢として、行動のハードル高めなので、ほとんどの人はやらないと思うのですが、「スクールに通ってプロの技を盗む」っていうのも、なかなか有効ですよ。

現にGitHubに関しては、僕が使おうとしていたGemをみて、エンジニアの人が「最後のメンテナンス4年前だから、やめたほうがいいよ」と教えてくれたことから学びました。こんな感じのスクール経験に関しての記事は、最後に添えておきますね。

以上です。
最初のころは、エラーが出たときになかなか解決できなくて、面白くないなあって思うかもしれませんが、数見ているうちにスピードはだんだん上がってきますよ。コツコツとスキル身につけていって、人生に武器を増やしていきましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です