[個の力]趣味としてプログラミングを始めると未来は明るい[方法を解説]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

プログラミングに興味がある人
「プログラミングに興味があります。とはいえ、いきなり本格的に始めるつもりも、お金をかけるつもりもありません。
なんかかっこいいな〜っていう程度なので、趣味の1つとして、始める方法を聞いてみたいです。」
このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • 趣味としてなら「progate」で十分
  • 楽しみながらプログラミングをしていく方法
  • 将来的に大化けする可能性が高い

この記事を書いている僕は、Life is Techという企業で、年間50人以上にプログラミングを指導しています。

キャンプという場では
理解<体験
を重視。

つまり、プログラミングを勉強として、捉えているわけではないんですよね。

でも、参加者の99.7%が満足してくれてます。

そこで今回は
「プログラミングに一歩踏み出す方法」
を共有します。

3分だけお付き合いくださいませ(`・ω・´)ゞ

[個の力]趣味としてプログラミングを始めると未来は明るい[方法を解説]

結論からいうと、

趣味としてならprogateで十分

上記の通り。

progateっていうサービスを触っておけば、楽しめるはず。

理由は、下記の通り。

  • 触れる言語の種類が多い
  • ゲーム形式
  • 短いセクション

上記の通り。

具体的なコースを見たわかりやすいかもですね。
行きましょう!

Progateが趣味として優れている例

例えば、html、cssコース。

ざっくり3つのパートに別れてます。
初級・中級・上級ですね。

それぞれの中身をみてもらうと、1セクションに

こんな感じのスライドが5枚くらいあるかなと。

可愛いキャラと一緒に進めていく、しかもサクッと終わらせられる。

触ってると、普通に楽しいですよ。(`・ω・´)ゞ

触れるプログラミングの種類

progateで体験できるプログラミングは、ざっくりこんな感じ。

  • web系(バック+フロント)
  • アプリ系
  • 必須スキル

上記の通り。

どれを触ってもOKですが、まあ、趣味ならスキル系はあとでもいいか、という感じ。

webとアプリ、好きな方をどうぞ。

✔️おすすめの言語は「web系」です。

とはいえ、選択肢が多すぎて、何を触ればいいかわからないこともあるかなと。

そこで、おすすめするとするなら、「web系」がいいです。

というのは、学習ハードルが低く、簡単に世の中に公開できるからですね。

始めてみれば、わかります。
他の言語と比べてみれば、なおさらです。

もちろん、アプリに興味があるなら、それでOKです。
ここでは、「自分の興味がわからない」時のために、紹介しました。

✔️課金は不要です。

ここまで読んで、

「progate、良さそう。でも、課金したほうがいいんだろうか?」

という疑問が出るかもなので、答えておきます。

結論は

基本的に「不要」
興味が出てきたら、すればいい

上記の通り。

というか、必須なことって何もないです、趣味なので。

考えてみれば、当たり前すぎる結論ですね。

まあ、月1000円で全コース触れるのは、普通に安いかなと思うので、気分に任せてという感じです。

楽しみながら、趣味としてプログラミングをする方法

じゃあ、実際にどうやって始めればいいのか。

5ステップでして、下記の通り。

  1. 自分の興味をはっきりさせる
  2. マッチする言語を探す
  3. 手段を決める
  4. コードを書く準備をする
  5. 開発開始

④と⑤は任意です。
気張る必要はありません。

肩の力を抜いて、サクッと行きましょう。(`・ω・´)ゞ

①自分の興味をはっきりさせる

ここは、、、重要ですね。

まずは、自分が何をしたいのか、はっきりさせます。

アプリを作りたい
webサイトを作りたい
面倒な作業を自動化したい

こんな「欲望」をはっきりさせましょう。

✔️参考
[欲望が大事]プログラミングを勉強する時に目標を設定する方法

②マッチする言語を探す


興味を実現するために必要な言語を、探します。

まあ、目標と手段がずれたら、ダメなのはイメージつくかなと。

例えば、
iPhoneアプリ作りたいのに、javaを勉強しても意味うすい、
みたいなことが起こり得ます。

朗報です。
探すのも手間かなと思ったので、記事を用意しておきました。

✔️参考
[目的別]プログラミング言語の選び方を初心者向けに解説

③手段を決める

手段を決めます。

趣味なら、progateでいいっていう話は、さっきしました。

あと強いていえば、ドットインストールもいいかなという感じ。

音声もついていますし。

でも、個人的には、ちょっと勉強色が強いなあと感じるので、お好みで使ってみてください。

④コードを書く準備をする


さて、いよいよ、コードを書きましょう。

、、、でも、その前に、準備が必要です。
コードを書く、環境を作る必要があります。

もちろん言語にもよるのですが、
ここのハードルが高い。

ですので、趣味程度なら、③で止まってもOKかなと思ってます。

ここは意見が分かれるところでもあるのですが、、、個人的には、初心者なら「避ける道」かなと思ってます。

詳しい話は下記をどうぞ。

✔️参考
[必見]プログラミング初心者が必ずぶつかる3つの壁[攻略セヨ]

⑤開発開始

では、いよいよ開発です。

楽しい時間のスタートです。(`・ω・´)ゞ

プログラミングを趣味として始めると、将来化ける可能性がある

以上が、

「プログラミングを趣味として始める方法」

になります。

ここからは、

「趣味として始めた先にある未来」

のお話をします。
興味のある方は、どうぞ。

将来的に大化けする


趣味として始めた人は、将来的に大化けする可能性が高いです。

というのは、「楽しい」っていう最初の感情が、原動力になるからですね。

経験的に、ですが、「勉強」って思って始めた人は、長続きしていない印象。

精神的に疲労して、
やってもやらなくてもいいなら、やらない
みたいな。

逆に
「好きだから、やってるだけ」
なら、スキルをつけるのが、自然にできるようになります。

「体験」から入るか「勉強」から入るか。
この最初の一歩、想像以上に大きいですよ。

知識を投資する場所について

たぶん、趣味としてプログラミングを触っていると、、、コスパ思考が染み付いてくるはず。

すると、

情報を自分で繋ぎ合わせることは非効率

って思うようになってくるかなと。

僕は実際にそうでして、
知識に投資して、回収したほうがいい
って考え方が変わりました。

じゃあ、どこに投資するか。
大きく3つかなと。

・スクール
・動画
・本

上記の通り。

最後にちょっと、比較してみましょう。

✔️3つの比較[価格・コスパ]

結論から。

価格は

スクール>>動画≒本

でして、

コスパは

スクール>>動画>本

です。

何がわかるか。

勇気を出して、行動した人が得をする

ですね。

でも、冷静に考えてみると、失敗しても大したことにはなりません。

失うのは再起できるくらいの、お金くらいです。

「動かない言い訳」
これを作っていないかだけ、注意かなと。

まとめ:ゆるふわ趣味で始めましょう。

記事のポイントをまとめておきます。

  • ProgateでOKです
  • 興味があるものから触っていく
  • わからないならweb系
  • 5ステップで楽しみながら身につける
  • 将来大化けするかも

こんな感じですね。

プログラミングって難しいって思われがちですが、ふつうに楽しいです。

まずはゆるふわ趣味として、始めましょう。

その後にどうするかは、その時決めればOKです(`・ω・´)ゞ

ではでは、今回はこのあたりで。

✔️関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です