[体験]プログラミングを1ヶ月で独学するのは不可能です[方法アリ]

こんにちは、かわそん(@KKohey4)です。コードと一緒に、生きてます。

「プログラミング初心者です。なかなか時間が取れないので、できれば1ヶ月くらいで身につけたいなあ。そもそも可能なんだろうか?できるとしたら、どれくらいのレベルまでいけるのかな? 具体的な体験談とか方法を合わせて。話を聞いてみたいです。」

このような疑問に答えます。

✔️本記事の内容

  • 独学では「不可能」です
  • 1ヶ月で到達できるレベル[3通り]
  • シンドイけどやる価値は大きい

この記事を書いている僕は、ふだんはweb系の開発をしています。

換算時給が1万になったり、ハッカソンで受賞したり、いろんな経験をしてきました。

同時に、プログラミングを年間50人以上に指導。

今回は僕の体験を踏まえつつ、お話します。

3分だけお付き合いくださいませ。

[体験]プログラミングを1ヶ月で独学するのは不可能です[方法アリ]


まずは、「できるのか、できないのか」のお話をしましょう。

結論は
独学なら「不可能」です。

思う以上に、プログラミングって、コケるんですよね。

本の内容がわからないのはもちろん、コピペしても動かないとか、ザラです。

ほとんどの人はできないって考えた方がいい

もしかすると、

「独学でも、1ヶ月あればできますよ」
っていう言葉を期待されてたかもしれません。

スミマセン。
できないって考えた方がいいです。

というのは、初心者の壁は、かなり分厚いからです。

もちろん、絶対にムリっていうわけじゃないですよ。どの分野でも、「要領のいい」人はいるものです。

が、9割の人は、ムリでしょう。

僕もそうでしたし、実際にみてきた生徒さんとかも、1人残らずできてません。

✔️参考
[必見]プログラミング初心者が必ずぶつかる3つの壁[攻略セヨ]

僕が失敗した例

下記のツイートをご覧ください。

僕は「自分ならできる」と思って、2年ムダにしました。

読者さんには、同じ失敗をして欲しくありません。

スクールに行って、人生が変わった

じゃあ、どうやって身につければいいのか。

スクールに行きましょう。
どこでも初心者へのサポートは、しっかりしてます。

(※余談:なんで「初心者」へのサポートを厚くしているのか。初心者が一歩踏み出す時に、お金が動くからですね。)

僕はテックアカデミーっていうスクールに行きました。完全オンラインでしたし、安くてレベルが高いっていう、シンプルな理由です。

本気でプログラミングを身につけたい方だけ、どうぞ。

初心者でも1ヶ月で学べる理由

「スクールに通えば、1ヶ月で学べる。」

、、、ふわふわしてますよね。

この中身を正確に解説すると、「挫折せずに、自走まで持っていける」っていうのが正しいですね。

どういうことか。

さっきも説明しましたが、初心者ってスタートラインにも立てないことが多いんです。

環境構築でコケたり、コピペでも動かなかったり、、、こんな「出鼻をくじく」みたいなことが無くなるっていうわけです。

そしてここを突破して「成功体験」を積むと、「自分で学んでいける状態」に。詳しくは後述しますが、ここまでこれば、もうokです。

プログラミング歴1ヶ月で、いけるレベル


では、1ヶ月で到達できるレベルを、具体的に見ていきましょう。

とはいえ、
「ここまでです」
って断言することはできません。

状況や手段によって変わるからですね。

下記の3つに分類します。

  • [スーパー初心者]僕の独学
  • [中級者]僕が教えた生徒さん
  • [プロ]現役エンジニアに教わった結果

[スーパー初心者]僕の独学

2年くらい前ですかね。
僕が独学にトライしてみたのは。

内容としては下記です。

・C言語を触ってみた
・ホットなAI技術を勉強してみた

結果。
「本の写経」で終わりました。何も自分で作れるようには、なりませんでした。。。

むしろプログラミングがキライになって、2年ムダになったのは、さっきの通りです。

[中級者]僕が教えた生徒さん

今の僕が1ヶ月教えた結果。

正確には「対面4回」と「チャットでの質問対応」ですが。

サービスとしてはiTuneseからデータを取ってきたり、位置検索のapiを使えるようになってます。

何が大きい「成長」なのか

これを聞いた方は、こう思うかもです。

「え、、全然スキルついてないじゃん。1ヶ月もやってこれだけか。」

もちろんスキルレベルとしては、「高く」ありません。

でも、成長としてはポイントが違います。下記の通り。

①このあと何をやってけばいいかわかる
②0からモノを作っていく流れがわかる
③プログラミングの考え方がわかる

上記の通り。

特に1つめは大きいですね。

実はスキルそのものよりも、「自走できる状態」の方が大事だったりします。

というのは、ここまでこれば、あとは「好きなもの」を「調べつつ」作っていけるから。1ヶ月の成長量としては、かなりのものです。

[プロ]現役エンジニアに教わった結果

では、テックアカデミーのプロから教わった結果、どうなったか。

railsのキソはもちろん。
外部apiとの連携、ドキュメントの読み方とか、今でも通用するようなスキルを身につけることができました。

サービスとしては、「Twitterの内容を解析して、オススメの本を出してくれる」ものですね。

、、、どうでしょう。
ちょっと「ムズカシソウ」ですかね。我ながらですが、、よくここまで力つけれたなあと。若かったんですかね。笑

教材の延長にはない

「どうせ、教材をちょっと変えただけでしょ?」

って思いますかね。
僕がこの話を聞いてたら、これを疑います。

でも、違います。[保存版]テックアカデミーのWebアプリケーションコースを徹底レビューでも紹介してますが、テックアカデミーのwebアプリコースで学べるのは、下記です。

・webサイトの作り方
・railsのキソ
・railsアプリの作り方
・楽天apiの使い方

「Twitterの解析」は入ってません。わりとしっかり、力がついた証拠かなと。

まとめ:1ヶ月でもプログラミングをやる価値は高い

記事のポイントは下記になります。

  • 独学では不可能
  • 1ヶ月で到達できるレベルを紹介しました
  • 初心者×独学はアウト
  • 初心者×中級指導はキソ力
  • 初心者×プロは最強です

こんな感じですね。

どうでしょう。正しくやれば1ヶ月でも、なかなかの力がつくっていうことが伝わりましたかね。

ぶっちゃけ、だらだらやってもよくない。

1ヶ月。
ビシッと集中して身につけてみてはどうかなと。

人生100年時代。
ぜひ生きていく難易度を下げていきましょう。

ではでは。

✔️参考リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です