[初心者むけ]UdemyでGo言語を勉強したいなら1択です[体験談]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

Go言語を勉強したい人
「udemyでGo言語を勉強しようと思っています。でも、いろんな講座があって、どれを選べばいいのか、よくわかりません。
どんなことが勉強できるのか、感想と一緒に話を聞いてみたいです。」
このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • 「The Complete Developer's Guide」がよかった
  • 講座の内容・特徴を紹介
  • 実際に作れるようになったもの

この記事を書いている僕は、年間50人以上の初心者に、プログラミングを指導。

個人でもRailsを使って、お仕事を頂いていています。

最近、伸びているGo言語に興味が出てきて、udemyで勉強してみました。

今回は、その内容を共有します。

3分だけお付き合いくださいませ(`・ω・´)ゞ

[初心者むけ]UdemyでGo言語を勉強したいなら1択です[体験談]

結論から。

udemyでgoを勉強するなら、

The Complete Developer's Guide

が有益でした。

シンプルに、かなり質が高いからですね。

では、見ていきましょう!

Go講座の質の高さ

「この講座、質めっちゃ高い、、、!」
こう思った理由は、大きく3つです。

・めんどくさいことをさせる
・レベルに緩急がついている
・小テスト・課題がある

上記の通り。

まじで力をつけるために、考え抜かれてるなあと。

わかりにくいかものでちょっと補足を。

✔️めんどくさいことをやらせる

いきなりドンピシャな答えを教えてくれません。

めんどくささ
間違った書き方
を、一回挟みます。

例えば、ランダムな数字の生成。

「『rand』っていう関数を使えばOKです。
では、使ってみましょう。
うまくいきましたね!」
「じゃあ、もう一回、実行してみるとどうでしょう?
あれ? さっきと同じ数字が出てきましたね、、、」

こんな感じで、ちょっと間違えます。

この「引っかかり」は記憶に残りやすいので、
同じ間違いをしないようにしてくれますね。

✔️レベルに緩急がついている


難しいことばっかり、続けません。

というのは、普通に、嫌になりますよね。
難しいのばっかりやると。

そんな配慮がありまして、レベルに緩急をつけてくれてます。

例えば、Go言語には悪名高い「ポインタ」っていうものがありまして、それを含めた動画が1時間くらい用意されてます。

、、、この時点で、疲労するはず。

でも、そのあとは「map」っていうのが20分くらい。

これはそんなに難しくなく、リフレッシュできるようになってます。

細かいことですが、精神的な負担が、かなり減るようになってて、僕はかなり助けられましたね。

✔️小テスト・課題がある

各レクチャーごとに、知識を整理できます。

具体的には、
選択式の小テスト
コードを書く課題
がありました。

難易度は、基本的にはそんなに高くないですし、スキップしてもOK。

まあ、、、授業って聞いてるだけじゃ、力つかないものです。

区切りごとに、軽いアウトプット
「わかったつもり」が無くなりますよ。

英語が苦手でも、問題ない

The Complete Developer's Guide は英語です。

ここまで読んで、

「自分、英語苦手だから、きついなあ。。」

と思う人もいるかもです。

でも、全く問題はありません。

理由は大きく3つ。

・字幕がでている
・シンプルな英語
・英語はそもそも避けられない

上記の通り。

✔️英語の難易度は低い


上の写真の通り。
シンプルな英語、しかも字幕がついています。

高校レベルの英語力があれば、問題なしですよ。

もちろん、字幕も完璧じゃない。
固有名詞とかは、うまく表示されないことも。

でも、意味は余裕でわかるので、学習には影響なし。

完璧なのはGoogle翻訳でもムリなので、AIがもっと進歩するのを待ちましょう。

ちなみに、プログラミングと英語の関係は
下記をどうぞ。

✔️参考
[優先順位アリ]プログラミングに英語は必要?[結論:最低限で十分]

Goの講座で学べる内容


教材内でで学べる内容は、大きく下記です。

  • VSCodeの導入
  • Goファイルの構造
  • 型と関数
  • 構造体について
  • Mapの使い方
  • Interfaceっていうもの
  • チャネルとルーチン

上記の通り。
わけわからないと思いますが、順番に学んでいくだけです。

短めの動画
自然な流れ
わかりやすい図解

動画をみつつ、上の写真みたいにコードを書いていく。

ふつうに楽しいし、効率いいですよ。

テストの書き方も学ぶ


ちょっと珍しいなと思った点があり、下記です。

テストコードの書き方を学ぶ

上記です。

バグとか、予想外の挙動をしないか、テストの書き方も扱っています。

実務でテストを書くこと、わりとありまして、1回触っておくとスムーズなスタートがきれるかなと。

このGo講座で作れるようになったもの

じゃあ、この講座で何が作れるようになったのか。

一言でいうと、「カードゲーム」です。

1.カードのセットを作る
2.カードを配る
3.ファイルに保存する
4.ファイルから読み出す
5.シャッフルする

上記の通り。

派手ではないですが、学びはめちゃ多いっていう話は、先ほどしました。

このアプリを作る中で、
変数、構造体、ポインタ、、、
たくさんの技術を組み込んでいきます。

理解しつつ、作品が形になっていく。
いつでもこれは、楽しいものですね。

Udemyで脱Go言語初心者を

記事のポイントは下記です。

  • The Complete Developer's Guideは良質
  • 細かい工夫がされている
  • 大きく7つの内容を学べる
  • テストの書き方もわかる
  • カードゲームを作れるようになる

こんな感じですね。

ぶっちゃけ、Go初心者の僕でも、かなり成長を実感しています。

英語だから難しいっていうこともありません。

難しいところは、日本語でも難しいのがGoです。

セール中なら、1万円が1,200円になってます。
安くなってたら、迷わず買いでOKかなと。

直リンクは用意しておくので、チャックしてしてみてくださいね。

万が一合わなければ、30日以内なら返金できるので、安心かなと。

では、以上です。
この記事で、Goの世界に踏み出す人が少しでも増えたなら、幸いです。

✔️記事中で紹介した講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です