プログラミングに向いてないと感じた時に読め[過去の自分を救う]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

不安な人
「なんとなくプログラミングに向いていないような気がしています。周りの人と比べて、コードがかける方じゃないと感じており、ツライ。正直、プログラミングをやめて、他の道を探すことも考えています。もし、同じような気持ちになったことがある人がいたら、話を聞いてみたいです。」
このような意見に答えます。

本記事の内容

  • 3つのことを確認します。
  • 判断をミスると、かなりもったいない
  • トップになる必要はない

この記事を書いている僕は、年間50人以上の初心者にプログラミングを教えている大学生です。

個人でも仕事を頂けており、時給換算で4000円に到達しました。

でも、過去には、プログラミングに2回挫折。

今考えると、完全に的外れなことをしていました。

そこで、今回、まさにプログラミングをやめようとしている、過去の自分を救うつもりで、書きますね。(`・ω・´)ゞ

プログラミングに向いてないと感じた時に読め[過去の自分を救う]

3つだけ、聞きたいことがあります。

  • プログラミングを始めてどれくらいですか?
  • どの言語から始めましたか?
  • 誰から教わりましたか?

上記です。
この質問で、だいたい、間違いがわかります。

ぶっちゃけ、過去の僕はここで大きなミスをしていました。

これをちゃんと知っておけば、2年間をムダにすることはありませんでした。
3分だけ、お付き合いください。(`・ω・´)ゞ

プログラミングを始めてどれくらいですか?

1年未満なら判断早すぎです。

というのは、まだ力が定着する前だからですね。

学習レベルは、
『基礎→定着→応用』
この3フェーズに分解可能です。

そして、1年だと、まだ基礎→定着の段階なんですよね。

後でも紹介しますが、ここの挫折率が、まじで高い。

本当に向き不向きがわかるのは「応用」の部分でして、そこまで行ってないのに、正しく判断はできないということです。

まあ、もうちょっと腰据えて、勉強しましょう。(`・ω・´)ゞ

✔️参考
プログラミング初心者の挫折を防ぐ3つの方法

どの言語から始めましたか?

下記のツイートをご覧ください。

C言語ならNGです。

シンプルに、この言語って、初心者には向いてないからですね。

これについては、あのホリエモンも、「最初にC言語をやらせるのはおかしい」と断言しています。

✔️参考
ホリエモン「ぶっちゃけ、プログラミングって難しくないよ!」

今はもっと面白い言語とか、技術がたくさんあります。

もし、『Cから始めてた、、、』という場合は、下記をどうぞ。

✔️参考
[目的別]プログラミング言語の選び方を初心者向けに解説

誰から教わりましたか?

結論からいうと、下記の通り。

×大学の講義、完全な独学
○プロのエンジニア、正しい独学

そして、理由は

×大学の講義、完全な独学→義務感+的外れ
○プロのエンジニア、正しい独学→挫折が排除される

上記の通り。

まあ、「勉強」ってなると、なんでもイヤになりますし、自力で素振りは練習しませんよね。

まずは、経験者から、教わるはず。

ノウハウは経験者から盗みましょう。

方法は[断言]プログラミングの独学はシンドイですが可能です[自分との戦い]で解説しています。

向き不向きを判断する前の、確認項目をまとめます。

ここまでの3つを踏まえると、

C言語以外の自分が楽しいと思える言語を、正しい方法で、1年以上勉強している

のが「向き不向きを判断できる」状態になります。

ここがスタートラインです。

どれか一つでも欠けていたら、「向いてない」っていう判断は思い込みの可能性アリですよ。

これを頭の隅っこにおきつつ、先にお進みください。(`・ω・´)ゞ

「向き不向き」の判断をミスると、かなりもったいない

もし、間違ってプログラミングという武器を放棄してしまうと、仕事の自由度が大きく下がります。

Web系をはじめとするIT職。
時間単価と自由度は、かなり高いですので。

例えば

10時から15時の間に出社、私服でOK

みたいな働き方が、可能です。

写真のAWSのオフィスでも、社員さんは好きな場所で働いていますね。

今の、

毎朝8時半出社、スーツや作業着に着替えて朝礼、

みたいな働き方と、どっちがいいですかね?

結果向いていないなら、別の道を探すのが最適解ですが、間違って判断するのは避けたいですよね。

プログラミングに関してはトップになる必要はありません。

ちょっと、下記のツイートをご覧ください。

天才じゃなくても、ひよっこでも、稼げる。
需要が足りていないから。

こんな感じですね。

トップ層じゃなくても月80万は射程圏内です。

実際、実務経験0の僕でも、時給換算4000円レベルの仕事をする事ができましたし。

だから、、、変に気を張らずじっくり技術の養成をしてみて下さい。稼いでみると、間違いなく今までと違う景色が見えますよ。

✔️参考
>>[実体験]平凡大学生がプログラミング使って時給4000円くらいで働けるようになるまでのお話

まとめ: ブルーオーシャンを泳ぎましょう

記事のポイントをまとめておきます。

  • 『期間、言語、方法』を確認
  • 1年以上は様子見
  • C言語はNG
  • プロor正しい独学
  • 判断をミスると自由に働くチャンスが、、
  • トップじゃなくても、稼げます。

こんなところですね。

あと、本文中ではあえて触れませんでしたが、スクールに通うのもかなり有効です。

実際に、僕は60万円ほどテックアカデミーというスクールに通ってみて、まじで世界が変わりました。

この辺りはハードル高いかもなので、最後に参考記事を用意しておきます。

興味ある・本気の方だけ、どうぞ。

では以上です。

この記事がプログラミングに対して後ろ向きになっている人に、少しでもお役に立てれば幸いです(`・ω・´)ゞ

✔️参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です