[書評]『どこでも誰とでも働ける』←生き残りたい現代人必読ですよ

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

先日このようなツイートをしました。

✅最近読んでよかったと思えた本

・お金2.0
・どこでも誰とでも働ける
・情報だけ武器にしろ。
・すぐやる人とやれない人の習慣
・諦める力
・影響力の武器
・スティルライフ

心がサビて変化や差異に鈍感にならないように、新しい視点や知識、冷静さをくれた.

圧倒的に読み返して血肉へ😌

今回はこの中の1冊、『どこでも誰とでも働ける』、通称『どこ誰』をレビューしたいと思います。

本記事の内容

  • 本から学べること
  • 実践している人の例[2人紹介します]
  • 僕たちが明日からでも、できること
ぶっちゃけ、これからの時代についていきたいなら、必読の1冊かなと。難しい話は一切しませんので、3分だけお付き合いください。

[書評]『どこでも誰とでも働ける』←生き残りたい現代人必読ですよ

内容をざっくり3つに分解します。

・社会の大きな変化
・これから生き残っていける人
・持っておくべき、マインドセット

上記の通り。

著者の尾原さん(@kazobara)は、Googleやマッキンゼーなど、超大手12会社で働いたっていう経歴を持ってます。

そんな人の鋭い洞察、ご紹介します。

①社会の大きな変化


社会はこれからどうなっていくんでしょう。尾原さんによると、『インターネット化』です。

個人が、他の人や企業と対等に(=フラット)繋がり(=リンク)、知識や経験を共有する形になっていく(=シェア)。

こういう流れが、これからもっと進むみたいです。

海外へ送金するのがどんどん簡単になったり、フリーランスっていう働き方が珍しくなくなってきたことからも、納得の指摘かなと。

同時に、これに適応できない人は生き残っていけないんですよね。悲しい。

じゃあ、どういう人が活躍できるのか。次に紹介します。

②これから活躍できる人とは←「プロフェッショナル」です

『インターネット化』する社会の中で生き残れるのは、「プロフェッショナル」のみになると言います。

ただし、プロと言っても資格のことではありません。

「自分が何者であるか、何ができて何ができないかを、自分の責任で『プロフェス(公言)』できること」

これがプロです。

いわゆるインフルエンサーと呼ばれる人たちを思い起こしてみると、、、確かに「自分」っていうキャラをしっかりと持ってますよね。

たぶん、こういうことも「プロ」に含まれるんだと思います。

そしてその価値が、社会から認められる。こういう流れです。

③持っておくべきマインドセット


3つです。

もちろん本書の中では、いろんなマインドセットが紹介されているのですが、その中でも飛び抜けて印象的だったものを紹介します。

・自分からギブすること(情報を隠さない)
・仕事は失敗を前提にすること
・人生を「ゲーム化」せよ

上記の通り。

かいつまんで説明します。

✔️自分からギブすること(情報を隠さない)

ひたすら相手のためになることをギブし続ける。見返りは求めません。

そうすると、1.信頼の貯金がたまる、2.「最初に言った人」っていう旗が立つ。

結果、自分に情報や人が集まってくるんですよね。

✔️仕事は失敗を前提にすること

PDCAじゃなくて、DCPAを回す。『Do=行動』から入るのが新しい働き方です。

というのは、変化が激しいので、Planを練っている間に、状況が変わるんですよね。

ですので、行動しつつ、軌道を修正していく方がベターです。

✔️人生を「ゲーム化」せよ

ズバリ、『解釈の逆張り』ですね。

反対意見が多ければ、攻略は難しい。でも、ゲームなら、、、燃えますよね。笑

失敗とか、上司の見え方がガラッと変わります。

実践している人の例[2人紹介します]

本書から学べることをざっくり説明してきましたが、ここでは、実際にこういう生き方をしている人を2人紹介します。

マナブさん(@manabubannai)と、ショーヘイさん(@showheyohtaki)ですね。

圧倒的なGive精神ですよね。

本の内容と合わせると、こういう人が今後もっと、もーっと力をつけていくんだなあと思います。

僕たちが明日からできること。[できません]


ハードル低く、すぐにでも始められることを3つだけ紹介します。

・「ギブギブギブギブギブ&ギブ」を意識
・先に信頼すること
・とにかく失敗してもいいから行動すること

上記の通り。

マインドブロックを破壊します。

勉強して、有益だと思ったら、Twitterで発信する。

初めましてでも、まずは自分から相手を信用する。

失敗は単なるゲームの一部って捉える。

、、、ぶっちゃけ

「そんなの簡単じゃん。今からでもできるわ。」

って思うかもですが、難しいです。笑

当たり前って思うことほど、軽く見てしまってやらない。ですので、こんなこと言っておいてなんですが、たぶんできません。笑

やっぱり自分で考えて、実際に小さく行動してみるのが近道

記事のポイントをまとめておきます。

  • 本からの学びを3つに分類しました。
  • 社会が変わるので、人も変わる必要があります。
  • 明日からできることはありますが、たぶん、できません。

ざっくりした内容とか、流れはわかったかなと。

でも、マインドブロックの破壊もそうですが、この記事を読んだだけでは、進歩ってほどんどできないかなと思います。

何十年間も持ってきた価値観とか、3000字を読むだけでは、どうしてもひっくり返りません。

やっぱり、自分で考えてみるっていう時間はどうしてもいるかなと。考えてみて、実行してみる。で、また考える。これが必要です。

ですので、ぜひ実際に読んでみて、ああでもない、こうでもないって、色々試してみてください。

ここで紹介できなかったことの方が圧倒的に多いですので、自分で読むことで、さらにたくさんのことに気づけるかなと。

以上です。

この本が、新時代で活躍していくためのきっかけになれば、幸いです。

✔️今回の本:『どこでも誰とでも働ける』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です