[保存版]読書の習慣を作るための3つのマインド←元読書嫌いが語る

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

「読書をしたい。でも、読もうって思ってもなかなか習慣にならず。。。読んではやめ、読んではやめ、みたいなことを繰り返してしまいます。疲れてたら、まあ、今日はいいかなって。コンスタントに読書をする方法があれば、話を聞いてみたいです。」

このような意見に答えます。

本記事の内容

  • 3つのマインドセットを紹介します。
  • 『完璧主義をすてる、中古を買わない、逃げてもいい』
  • 参考までに、僕が使ってみて効果があった方法を紹介します。

この記事を書いている僕は、今はほぼ毎日読書ができています。

でも思い返してみると、たぶん、高校までに読んだ本はトータルで数冊くらい。。。

なんで急に読めるようになったのか。

ただ時間ができた以外にも、はっきりしたマインドセットがあったので、紹介します。

[保存版]読書の習慣を作るための3つのマインド←元読書嫌いが語る

  • 完璧主義をすてる
  • 中古を買わない
  • 逃げてもいい

繰り返しになりますが、結論は上記の通り。

、、、すみません。ネガティブに聞こえるかもしれませんね。

でも、試してみたら、これが一番効果が出ました。

たぶんですが、『〇〇を意識しましょう』、みたいなのって、読書に関しては効果ないような気がします。

やっても、やらなくても済むようなことに意気込んでも、続かないのは目に見えますので。。

ということで、それぞれサクッと説明しますね。

①完璧主義をすてる


1回読んだだけで、ぜんぶ理解しようとしないことです。

そもそもできませんし、読むごとに印象が変わるので。

例えば、数字とか計算が出てくるけど、その結果の方が大事な場合。

計算について考えはじめても、、、進みません。

で、つまらなくなってやめちゃいます。
(※数字が大好きな方なら、もちろんOKです。笑)

「わかんないのに、読む意味とははたして。。。」

全くわからなくていいっていうことではありません。それは思考停止なので。

1回で全体像をつかみつつ、半分も理解できたらOKですね。

何回か読んでいるうちに、細かいところも『そういうことだったのか!』って見えてきますよ。

ただ、絶対に読む必要はないってことは、あとでお話します。

②中古を買わない

中古はなるべく買わないようにします。

、、、これまじで効果的でして、2つの心理を利用しているからですね。

・「損したくない」っていう気持ち
・「自分が選んだ」っていう意味づけ

上記の通り。

まず、身を切ることで「損したくない」っていう気持ちが出てきます。

『お金出してるんだから、読まないとムダじゃん。』っていう感じですね。

あと、「自分が選んで、自分が買ったんだ」っていう読むための動機ができるんですよね。

心理学では『一貫性の原理=最初から最後まで、矛盾なく進みたい』って呼ばれてます。

この2つが組み合わさってるので、自然と読書に向き合っていけるんですね。

感覚的にもわかりまして、例えば、友達から貸してもらった本と、2000円払って自分で買った本。どっちがしっかり読んでみようと思いますか?つまり、どっちが自分にとって、ためになると思いますか?

③逃げてもいい


つまらなかったら読むのやめていいし、眠たくなったら寝ればいいです。

、、、スミマセン。読書の習慣をつけるためなのに、こんな話は矛盾してるかもしれませんね。

でも、この視点ってわりと大事でして、これくらいの気楽さがあれば、長続きするんですよね。

例えば、②みたいにお金を出して本を買って、

「本買ったんだから、ぜったい読みきらなきゃ。。。」
ってがんばった結果、つまらなかった。

次の本、買おうと思いますか?

それよりも

「面白くないなあ、メルカリでうっちゃって、次の本買お」

の方が、いい本に出会って、長く付き合っていける可能性は高いかなと。

本に投資しつつ、しっかりと損切りする。多少のお金は損しますが、「時間・次の本との出会い」っていうものが生まれますので、トータルプラスです。

参考:習慣をつけるために実際に僕が使っている方法

こんな感じで、アプリやSNSを使って『他人に宣言しちゃう』ことです。

これも、特に僕みたいな怠け者にとっては効果あるなあと思ってまして、

・他人に見られてるかもしれないっていう圧
・「自分が言った」っていう一貫性の法則

理由は上記の通り。

読書をする環境っていうものを作りつつ、ここでも一貫性の法則を使います。

わりと反響もありまして、リカさん(@kei_freedomer)や、ルチコさん(@aineruchiko )からもこういう反応を頂きました。

こうやって発信してみると、読書に対して前向きになれますよ。

習慣にすることのメリットは多い。


単発じゃなくて、読書が習慣になると、かなりのメリットがあります。

・なんか心が落ち着く
・毎日ちょっとずつ成長してる気がする
・話のネタが増える

これが積み重なっていきます。

ことばにするのは、ちょい難しいのですが、、、伝わりますかね。

例えば、僕は今、スティル・ライフっていう小説を寝る前に読んでいるのですが、「ゆっくり生きること」を学びつつ、こうやってブログで話のネタにできています。

単発が悪いっていうことは全くなくて、習慣になればちょっとずつ成長していけるよっていう話です。

ぼちぼち、読書しましょう。

記事のポイントをまとめておきます。

  • 『完璧主義をすてる、中古を買わない、逃げてもいい』
  • 1回で理解できないので、あきらめましょう
  • 身を切れば、2つの気持ちが働きます
  • 逃げるくらいの気楽さでOKです
  • アプリで宣言しちゃうのもアリ
  • 習慣化のメリットは多いですよ

こんな感じですね。

最近忙しくて、、、
今日は疲れて、、、
今週はがんばったから、、、

こんな感じで最初はなかなかだとは思いますが、ぼちぼち本と仲良くなっていきましょう。

では以上です。

最後に、僕が自然と5回以上読めた本を紹介しておきますね。面白そうなものがあれば、ぜひ。

✔️『金持ち父さん貧乏父さん』、物語風にお金の仕組みがわかります。

✔️『お金2.0』、またお金ですが、未来のお金の話です。

✔️『影響力の武器』、人がどんなときに動くのかわかります。

✔️『僕は愛を証明しようと思う』、モテない男が恋愛を攻略します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です