[書評]「お金2.0」(佐藤航陽)で「未来の生き方」を先取りできる

こんにちは、かわそん(@KKohey4)です〜!

先日、「お金2.0」という本を読みました。
結論からいうと、かなりの良書。

そこで今回は、下記の内容を紹介したいと思います。

✔️本記事の内容

  • 「お金2.0」の大まかな内容
  • これからの生き方

1分で読めますよ(^^)/

[書評]「お金2.0」(佐藤航陽)で「未来の生き方」を先取りできる

まずは、大筋から行きましょうか。
この3つの内容が特に印象に残りました。

  • 「お金」とは何か
  • 資本主義の限界
  • 「価値」について

順番に見ていきましょう

「お金」とは何か

「お金」ってなに?
そもそも考えたこと、あったでしょうか?

本書では、下記のように説明されています。

本質=価値をやりとりするためのもの
役割=価値の保存、尺度、交換

上記の通り。

たとえば大昔は、貝でやりとりをしていたらしいです。
貝が価値の代表だったわけですね。

それが進化して、もっと保存性の高い、現在の「お金」になったんです。

ビットコインも「お金」

今までの、物理的な「お金」。
ここからはどっちかというと、「貨幣」って言った方が区別つくかもです。

僕たちには「貨幣」=「お金」っていうイメージが強いですが、
ビットコインとかの「実体ないもの」も「お金」です。

本書では「貨幣」の未来の姿の1つとして、ビットコインが紹介されています。

なぜ未来か。
自動で全体が強固になっていく「仕組み」ができているからですね。

こんな感じ

投資家→利益
技術者→テクノロジー
社会→自由度の高さ

3方向から人間の興味の対象になってるわけです。

関心を持つ人が増えると、自動でシステム基盤が強化されていくらしいですよ。

資本主義の限界


本書の中で、もっとも印象に残ったのが、このパートです。

世の中のお金の流れ
経済は作れる時代に

この2点でお話します。

世の中のお金の流れ

まず、世の中のお金って、どうやって生まれてるか知ってますか?

、、、漠然とした問いですよね笑
すみません。

消費経済=商品の購入とかによるお金のやりとり
資産経済=お金からお金を生む仕組み

と定義した時、

消費経済→1割
資産経済→9割

だそうです。
僕たちの普段の消費が、こんなに微力だとはびっくりですよね。

消費経済が微力
→投資先が足りない状況
→お金が停滞する

っていうロジックがありますので、これからお金の価値が「相対的に」下がっていく。

これが「資本主義の限界」だそうです。

経済は「作る」対象に

今って、個人がメディアを持つことができる時代です。テクノロジーも進歩してます。

だから、自分が所属するコミュニティーを自由に選べるor作れるようになっているんですよね。

フリーランス、シェアリングエコノミー、ネット、、、

自分が「心地いい場所」を選べます。
引きこもりでも、ネットを上手く使えば、稼げます。

×場所が悪い
○まだ適切な場所を見つけられてないだけ

こんな感じ。

昔は「会社」が全てだった。
今はそうじゃなくて、フットワークが軽くなってるんですよね。

「価値」について

お金の相対的な価値が下がる。
そして、代わりに「価値」がもっと重要になっていくらしいです。

じゃあ、「価値」って何でしょう。
本書では3つに分類しています。下記の通り。

有用性
内面的
社会的

それぞれ、

有用性=使えること(今までと同じ)
内面的=心にポジティブな働きするもの
社会的=社会全体に益がある

でして、具体例もあげると、

有用性=お金儲かるか
内面的=キレイな景色に感動
社会的=ボランティア

こんな感じ。

今までは「有用性」に、異常なまでにフォーカスされてきましたが、これからは「内面」、「社会」がもっと重要になってくるみたいです。

SNSで可視化できる

これを読んでて、
「確かに、、」って思いました。

というのは、SNSが説明できるようになったから。

有益なノウハウを発信してる人に、フォロワーが集まるのは「有用性」的に自然です。

が、「内面的」にポジティブになれる

「動物の動画を上げる人」
「可愛い人」

とかにも、フォロワーって集まりますよね。

そして、クラファンとかで

「途上国にサポート行きたい」
「景色をキレイにしたい」

とかも、「社会的」に注目は集まります。

そして集まった注目は、「有用性=お金」にも変換可能。
こういう時代なんですね。

「お金2.0」を踏まえた、これからの生き方

こんな社会でどう行きていくべきか。
ポイントは大きく2つです。

内面の情熱を大切にすること
価値をあげるために働くこと

上記の通り。

最後にサクッと紹介します。

内面の情熱を大切にすること


「やりたいと思うこと」
「没頭できること」

これを大切にすべきです。

ここで重要なのは、「大切にしていい」じゃなくて、「大切にすべき」だっていう点かなと。

むしろ、必須といってもいいはず。

ゲームでも、漫画でも、パソコンでも、映画でもいいはず。
その情熱を発信していけば、それが「価値」になります。

上の世代がまだ認識していない分、チャンス多いですよね。

価値をあげるために働くこと

さっきの3つの価値を高めること

もう一度書いておくと、

有用性
内面的
社会的

でしたね。

これを高めておけば、それをお金に変えることも可能。

そして、会社に属さなくても、稼げるような環境は、実際に整備されつつあります。

「安定性」があっても、書類の整頓ばっかりしている。
なら、人材としての価値は低いままです。

この視点があるだけで、就職含め、キャリアを見直すきっかけになるんじゃないかなと。

まとめ:未来の生き方を先取りしよう

記事のポイントをまとめます。

  • お金=価値のやりとり
  • 資本主義→価値主義へ
  • 価値=有用、内面、社会
  • 内面の情熱を大切に
  • 自分の価値をあげるために働くべし

こんな感じですね。

少なくとも、僕はこの本に書いてることは、かなり現実味のあることだなと。

自分であれこれ考えるより、
未来を見る力のある人の分析を信用します。

ここに書ききれなかったことも山ほどありますので、未来についていきたいor未来を先取りしたい方は、ぜひご自身で読んでみてくださいね。

ではでは、以上です(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です