[体験談]大学生のうちにやるべきことは5つだけ[大きな差をつける]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

大学新入生
「大学生になりました。高校までと違って、時間がたくさんあるから、何をすればいいのかわかりません。サークルで遊んだり、ひたすらバイトするのもなんか違うなあ。
実際の体験に基づいて、大学中にやっておいた方がいい事を聞きたいです。」
このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • 大学中にしておくべきことは5つ
  • 実践すると起きる変化

この記事を書いている僕は、大学4回生。

あと1年大学生活はありますが、大学中に、外国に留学したり、インターンしたりして、いろんな出会いや経験をしてきました。

その中で、「やっておいてよかった」と心から思える事を紹介したいと思います。

この記事で、ちょっと視野が広がれば、幸いです。
記事は3分で読めます。

[体験談]大学生のうちにやるべきことは5つだけ[大きな差をつける]

結論からいきましょう。
下記の通り。

  1. お金の勉強
  2. プログラミング
  3. 読書
  4. 人前に立つ
  5. 情報発信力

です。

、、、長え!って思いますかね。
僕は思います。

なのでサクッと説明しますね。

お金の勉強をする

いきなりですがこれ、盲点だと思います。

「お金の知識を持ってない」
っていうことにも気づいていない人が多すぎる。

腰をすえて、お金と向き合いましょう。
一生お付き合いしていく仲ですので。

ぶっちゃけ、大学では教えてくれませんので、自分から学びにいく必要が出てきます。

✔️お金の知識を身につける方法

じゃあ、具体的に、どんな知識を、どれくらいのレベルで身につければいいのか。

税理士レベルとか、不可能ですからね。。。

結論は、
「知ってるだけで得する知識」
でOKです。

言い換えると、
「ちょっとお得に生きるための知識」
ですね。

例えば、
「サラリーマンが一番都合のいい徴税の対象になっている」
とか、
「持ち家は賃貸と比べても、有利じゃない」
というあたりですね。

僕はかなりの数を読んできましたが、、、
ぶっちゃけ下記2冊がズバ抜けてました。

✔️お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
サラリーマンの税的立場とか、
その中でうまく立ち回る方法を解説してます。

✔️金持ち父さん貧乏父さん
王道of王道ですね。
「資産」と「負債」の違いがピンと来ない方は、ぜひ。

プログラミングを身につける

プログラミングを身につけましょう。

できるだけで大きな差別化になりますし、需要もかなり多いので。

、、、大学の専門だけでいいじゃん。
って思いますか?

でも、これじゃ弱いです。
他の大学でも、普通に勉強して、身につけている人が山ほどいるので。。

だから、プログラミングで一味加えるわけです。

例えば
「大学では、経済学を頑張りました」
という人、
「大学では経済学を専攻し、生データをAIにかけて、実証しました」
という人
どっちが価値ありそうですかね?

✔️バイトからも解放される

ゲスいですが、、
プログラミングはお金になります。

僕は時給890円のコンビニバイトから、時給4000円、さらには時給1万という世界を経験することができました。

普通に、チート級のスキルですよ。

✔️参考
[ゲスいが事実]プログラミングは儲かります[時給は青天井です]

読書で知識を増やす


シンプルに時間があるので、
知識の幅を広げるチャンスです。

いろんな本を読んで、知識とか増やしたり、生き方を考えたり、、

ふつうに、読書は有意義ですよ。

ちなみに、「読書」をする意味については、[断言]読書のメリットはなんですか?←搾取を防いで心豊かに生きることで、詳しく解説しております。

人前に立つ訓練をする

キョドらないために、人前に立つ練習です。

まあ、、社会人になったら、たぶん、いろんなプレッシャーがかかってくるので。

そこで上手くやっていくために、今のうちにいろんな経験・失敗をしておくのがいいかなと。

✔️どうやって訓練するのか

いきなり大きい挑戦とか、する必要はありません。

細かく切って、動けばOKです。

例えば、大学のプレゼンでトップバッターに名乗りをあげるとかですね。
最初はこれくらいのレベルでいいです。

僕も、マイクを持って雑談したり、、一発芸でスベったり、、、
だんだん、キョドらなくなってきました。

情報発信力をつける

ガンガン、情報を発信しましょう。
個人が、メディアを持てる時代ですので。

具体的には、ブログを開設したり、Twitterで体験を発信したり。

お金はほとんどかかりません。
ブログでも月1000円くらいですからね。

周りが「遊びじゃん」って笑ってるものほど、力入れれば、差をつけやすかったりしますよ。

大学生のうちにこれができると「強い個人」に近づきます。

じゃあ、この5つができるとどうなるのか。
結論は

収入に関してリスク分散しつつ、個人としても十分稼ぐ力がある、人になれる。

ですね。

、、どういうことか。

「会社が無くなると生きていけない」
こういう状態を避けて、自分で稼ぐ力がつきます。

しかも、ブログとかで、自分で動かなくても収入が入ってきます。

いいことづくしですよね。

日本の会社があんまり景気良くないことを考えても、、、わりと選択肢として、アリなんじゃないかなと思ったりします。

まとめ: やってる大学生が少ない分、チャンスです。

記事のポイントをまとめておきます。

  • 大学生のうちにやっておくべきことは5つ。
  • やってる大学生はほとんどいない
  • 「個人で稼ぐ or リスク分散」ができるようになる

こんな感じです。
まずはこの記事を読み終わったあと、何をするか。

やらない言い訳を探すか、
手の届く範囲で行動してみるか。

ぜひ、後者になってみてくださいね。
見える景色が、ちょっと変わるはずです。

ではでは、以上になります。

✔️記事中で紹介した本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です