TOEFL iBTを3週間勉強した結果を晒してみる[初受験]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

留学したい人
「海外大学の留学に必要なTOEFL iBTって難しいのかな?
英語が苦手で、そこそこの点数を取るために何をすればいいのかわかりません.受験会場の雰囲気もついでに知りたいです.

このような疑問に僕自身の点数を晒しながら答えます.
本記事の内容

  • Toefl iBTの受験結果
  • そこそこの点数をするためにする事は?
  • 受験会場の雰囲気

※TOEFL受験前の僕の英語力についてはこちら

TOEFL iBTを3週間勉強した結果を晒してみる

このようになりました.
こちらのサイトによると大体ワシントン大学くらいですね.

・英語が苦手
・3週間の準備
・日本人の平均点が67点

という事を考えると、まあまあ頑張れたのではないかなと

半分以上well...しか言えなかったのでSpeakingの点数が低いのは納得です.
大学の留学生でも捕まえて話し相手になってもらえばよかったなと少し後悔してます.

そこそこの点数をとるために必要な勉強は?

大体ワシントン大学くらいの点数(76点)を取るためにやった事は2つだけです.

  1. 単語をひたすらインプットします[新品をオススメします]
  2. 公式問題集に取り組む

順に説明しますね.

単語をひたすらインプットします

Toefl界隈では有名な3800というものをやりました.

文章を大学の教科書から引っ張ってくる事もあるので、単語の難易度は非常に高くなるんですよね
そんな文章を読んでいく中で、
加水分解やげっ歯動物といったキーワードの意味がわからないと詰みます.

まずは基礎体力、3枚の付属CDをスマホに入れて寝る間も含めてずっと聴き続けていました.
以前TOEIC受験の時にCD不良の中古品を買って後悔したので、今回は新品を買ってよかったです.
耳からのインプットが全くできないのは致命的なので.

公式問題集に取り組む

公式問題集には英語版日本語版がありますが、はっきりと日本語版をオススメします.

・英語の解説をスラスラ読みこなせる人は多くない
・インプットが不確実になる可能性が高い
・勉強した気になる事を防ぐ

ためにも、「日本語で確実にインプット」することは大切かなと.

具体的には
時間通りの試験時間(4時間 間10分休憩)で収録問題を解く
⇨不安だったところを紙ベースで解き直す
⇨答え合わせ
⇨解説を読んで納得
⇨解き直す

という流れで解き進めると、1ヶ月あれば終わります.
Toefl iBTはPCを使って受験するので、付属CD-RomをPCに入れないと無意味です.

このようにPCにアプリとして導入し、

4時間PCと向き合うという苦行に慣れましょう.

公式問題集: 英語版 , 日本語版

受験会場の雰囲気

セキュリティと不正防止のための仕組みがかなり厳しいです.

少なくとも僕の受験会場では,

  • 身分証は原則パスポート
  • パスポートの名前と、申し込みの名前の完全一致
  • 手首・足首・ポケットの中身チェック
  • 金属探知機
  • 10分休憩中の私語・参考書籍の禁止

など、精神的にも孤独な4時間を過ごします.

まあ、留学の可否が決まる大事な試験なのでそこまでするのもわかりますね.
あと女の子が国際結婚について熱く語っていました.

まとめ

Toefl ibt はクレイジーなくらい難しい試験です.
僕は英語が嫌いで、得意でもないので3週間しか勉強しませんでしたが
単語固めて公式問題集で慣らすと、ある程度の点数が出ました.

単語帳を使って、具体的にどのように勉強していたのか.
公式問題集のCDーRoMと紙の問題集をどのように使い分けたのか.

など知りたいという方がいれば、かわそん (@KKohey4)までご連絡下さいね.

一人でもいらっしゃれば、記事として書きます.
僕の点数くらいまで引き上げることはできるかなと.

ここまでお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です