[初心者向け]プログラミングの「苦手」を3つに分解する[解決]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

「プログラミングが苦手です。なんで、こんなに苦手意識があるのか、自分にもわかりません。その原因とか、対策があれば、話を聞いてみたいです。具体的な学習方法とかもあれば、なお、ありがたいです。」
このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • 「苦手意識」は3種類に分類できる
  • 解決方法はシンプルです。

この記事を書いている僕は、年間50人以上に、プログラミングを教えています。

でも、周りはプログラミングが苦手な人ばかり。

そこで冷静に考えてみました。

そうしたら、原因がはっきりと3つに分類できることに気がついたので、今回はそれを共有します。

3分だけお付き合いを(`・ω・´)ゞ

[初心者向け]プログラミングの「苦手」を3つに分解する[解決]

結論から。
下記の3種類に分類できます。

  • 最初から毛嫌い
  • パソコンの操作
  • コードに違和感あり

上記の通り。

では、それぞれサクッとみてみましょう。

最初から毛嫌いしている

やる前から、毛嫌いしているパターンです。

「プログラミングなんか意味ないし」

みたいな感じの感情。

実は、これってかなーり厄介な問題でして、

・妬みが出てくる
・成長の機会を逃す

ので。

もちろん、批判すれば、自分はやりづらくなります。

周りに嫌な思いをさせつつ、
自分も、モヤモヤ

最悪ですね。

ですが、今この記事を読んでる方は
「苦手を克服したい」っていう気持ちのはず。

毛嫌いしてる人は少ないはずなので、
次に進みまししょう。

ここからが、本番です。

パソコンの操作が得意じゃない


「パソコン」にアレルギーがあるパターンです。

プログラミングではなく。

例えば
「保存ってどうやるの?」
「入力ってどうやって切り替えるの?」
とかとかです。

実は大学生でも多いんですよね。
少なくとも今は。

✔️僕は大学1年生まで苦手だった

ちょっと、昔話をさせてください。

僕は、プログラミングが苦手でした。
3年まえまでは。

というのは、
パソコンをほとんど触ったことがなかったからです。

家にあったのは、起動するのに5分以上かかる、再起動を何回もしないといけないPC。

触るたびに、ストレスでした。

、、こんな状態では、プログラミングが楽しいって思えるわけないですよね。

ちなみに、今から思うと、さっさとmacを買っておけば解決でした。

詳しい話は、[初心者むけ]プログラミングするならMacbookでOK[実体験]で紹介していますので、よろしければ。

プログラミングのコードに違和感

コードに違和感を感じます。

なんというか、、、
冷たいというか、無機質というか、、、

こんな感じ。
伝わりにくいですよね。

でも、C言語とか触ってみると、わかるかなと。

✔️最初は冷たく感じる

下記のコードをご覧ください。

#include
int main(int argc, char *args[])
{
printf("Hello, world!\n");
return 0;
}

「面白いなあ」
って感じますかね。

僕は、感じません。

実はC言語は、最初に触るのはNGなのですが、初心者の段階ではこれにも気づけません。

そして、
「プログラミング=つまらないもの」
っていう印象がついてしまうんですよね。

もったいないです。

✔️参考
C言語で挫折した大学生へ←全く問題ないですよという話

プログラミングの苦手意識を消す方法[シンプルです]

では、苦手意識を消していきましょう。

下記の2つに切り分けます。

「解決方法」
「勉強方法」

なぜか。
この2つをごちゃ混ぜにすると、また、「何が苦手なのかわからない」っていう状態に戻るからですね。

みてみましょう。

苦手意識の「解決方法」


結論から。
シンプルでして、下記の通り。

正しい方向で、十分な量のコードを書く

です。

、、当たり前ですかね。

しかし、イラっと思われるかもですが、これができていないから「苦手」になってるわけです。

「正しい方向」っていうのは、あとで説明しますので、ここでは、「十分な量」について補足しますね。

✔️「十分な量」とは

技術書なら、まるまる2冊

本にもよりますが、だいたい500ページくらいですね。

最低でもこれくらいやると、割と慣れてくるかなという感覚です。

ちなみに、完璧に理解しようとする必要はありませんよ。

✔️参考
[必見]Webサービスの作り方を7ステップで解説[誰でもできる]

✔️遠回りになる例

ここまで読んで、

「じゃあ、とりあえず本を買って、ひたすら勉強すればいいんだ!」
って思う方がいるかもです。

ですが、、、
これだと、過去に挫折した僕と同じです。

初心者が本を買うと、たぶん、心が折れます。

断言しますが、まずは本で勉強する前に、動画学習を挟むべき。

じゃないと、結構遠回りしてしまいますよ。

✔️参考
[初心者向け]プログラミング学習は動画orサイトでOK[本は微妙]

苦手意識をなくす「勉強方法」

ここまで、
「2冊分くらいコード書けば、慣れてくる」
っていう話をしました。

そして、いよいよ勉強方法。

実は、書いてみると、けっこうボリュームが出たので、別の記事を用意しておきました。

[保存版]プログラミングを始める前に知っておくべきこと[完全初心者むけ]

上記の、1~4でできるはず。

✔️おまけ:そもそも「合わない」パターンもある

さらにいうと、勉強以前の段階。

「体質的にあうか」みたいな、相性を調べる方法もあります。

プログラミング初心者は何から始めればいいのか[答えはシンプル]で解説しています。

ネタバレすると、ぶっちゃけ
「無料サービスを使う」
ことです。

例えば、テックアカデミーっていうスクールの無料体験とかですね。

一週間、プロに質問しながら、進めれれます。

これで、「好き嫌い」がはっきりするかなと。

まとめ:プログラミングの「苦手」を潰していきましょう

記事のポイントをまとめておきます。

  • 「苦手」は3方向に分かれます
  • 本2冊くらいで、慣れてくる
  • ただし、動画学習は挟むべき

こんな辺りですかね。

正しい知識を身につけて取り組めば、苦手の原因はわかるはず。

ただし、当たり前ですが、記事を読んだだけでは、何も変わりません。

記事を読んだあと、何をするか。
ぜひ一歩踏み出してみてくださいね。

ではでは、今回はここまでになります。

✔️記事中の主なリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です