[初心者向け]プログラミングを体験する方法は2通りある[未来も紹介]

こんにちは、かわそんです!

「プログラミングに興味があります。とりあえず、プログラミングっていうものを体験してみたいので、何かいい方法を知りたいです。できるだけ安く、、いや、無料だとなお、ありがたいです。」
このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • 体験する方法は大きく2つ
  • 理解はしなくてOKです
  • 体験をした「後」の話

この記事を書いている僕は、個人でweb系の仕事を頂いており、年間50人以上にプログラミングを指導しております。

もちろん、初心者の方もたくさん。

今回は初心者の方が、第一歩を踏み出すきっかけになればなっていう思いで、書いていきますね。

3分だけ、お付き合いくださいませ。

[初心者向け]プログラミングを体験する方法は2通りある[未来も紹介]

大きく2通りあり、下記の通り。

  • スクールで体験する
  • サービスを利用する

上記の通り。

もちろん、全部あげるとキリがないので、かいつまんで紹介しますね。

※全てオンライン、かつ、無料です。

①スクールでプログラミングを体験する

今回は3つです。

上記の通り。
サクッと特徴を説明しますね。

✔️テックアカデミー


知ってる方もいるかもです。

僕が60万円分くらい、勉強したスクールになります。

無料体験の内容は

・天気予報アプリの作成
・オンラインのメンタリング

ですね。

無料で1週間、プロのエンジニアと一緒に開発できます。

さらに、talkyっていう、skipeみたいなサイトを使って、メンタリングも。

シンプルに楽しいですし、
学びも多いですよ。

✔️侍エンジニア塾


次は、侍エンジニア塾っていうところです。

内容はこんな感じ。

・今のエンジニア事情
・悩みの相談
・プログラミングの電子書籍
・アマギフ1000円

無料というか、、、もらえる側ですねw

どっちかといえば、
「プログラミングの相談」
という感じ。

実際にコードは書かず、skypeで気になることを、お話しします。

ぶっちゃけ本コースの受講料は高いので、通う必要はありません。

無料体験で
知れることだけ、もらえるものだけ、
ゲットすればokです。

✔️codecamp


最後に、codecampっていうスクールです。

・目的と手段の一致
・実際のコースの紹介

上記が体験会の内容になります。

コンサル的な感じです。

自分がやりたいことをはっきりさせる。
そして、その方法を教えてくれる

以上を行います。

あとは、本コースの紹介もされますが、参考程度にという感じですね。

②サービスでプログラミングを体験する

では、サービスに移りましょう。

この2つになります。

サービスに関しては、本当に無数にありますが、、、

ぶっちゃけこの2つで十分かなと。
説明します。

✔️プロゲート


王道オブ王道ですね。

スライド形式でサクサク進めるタイプのサービスです。

月980円出せば全コース触れますが、まあ要らないでしょう。

今回は「体験」できればいいので。

✔️ドットインストール


ちょっと毛色違うタイプです。

スライドではなく、「音声」形式になります。

これも月980円で全コース触れる&女性ボイスに切り替えれます。

男の声はイヤだぞっていう方は、お好みに合わせてどうぞ。

初心者であれこれ考えても、意味はない

さて、いろんな方法を紹介してきました。

ですが、、、
ぶっちゃけ「どれがいいかなあ」って悩むのは、意味なしです。

というのも、シンプルにわからないはずだから。

英語を勉強したことないのに、アクセントの違いを聞き分けようとするのと、同じです。

とりあえず、気になったものからやってみればOKですよ。

✔️スクールとサービスの違い

とはいえ、
スクールとサービスはちょっと違います。

ざっくりいうと

「スクール」

人間味がある
まとまったものを作れる

「サービス」

サクサク進む
部分的に触る

という感じ。

まとまったアプリを、人と一緒に作ってみたいならスクールがいいし、コードの一部を触ってみるだけでいいなら、サービスでOK

結局、ここも好みの問題です。

初心者は特に「体験>>理解」でOK

初心者のころは、理解は後回しでOKです。

というのは、キリがないからです。

詳しい話は[必見]プログラミング初心者が必ずぶつかる3つの壁[攻略セヨ]をご覧いただきたいのですが、プログラミングの世界の奥は、ジャングルです。

迷いますよ。

「体験」から入ると伸びやすい

ちょっと余談かもです。

「体験」から入った人は、プログラミングの力が伸びやすい

スミマセン、、ちゃんとした根拠があるわけではないです。

しかし、僕の生徒さんと周りの友達を眺めていると、わりと正しいような気がしております。

✔️モチベーションが高くなる?


その理由として、モチベーションが大きくなるのではないかなというのがあります。

というのも、
「何かを作った」っていう経験って
ふつうに自信になりますよね。

実際に僕が指導する時は、カウントアプリを作ったあと、すぐにherokuにデプロイしてもらってます。

こうすれば人に見せられますもん。
理屈はいまいちでも。

この時の生徒さんは、例外なく嬉しそうです。
「楽しい」っていう印象が、次の行動に繋がってるのではないかなと。

✔️義務になった瞬間に何かが変わる?

これも、予想で申し訳ないです。

プログラミングに関しては、「義務」にするタイミングが重要な印象があります。

例えば、
専攻にする
仕事にする

この辺り。

楽しい→自走→義務

ならOKですが、義務から始めると、、、イヤになるはず。

このフローを作りやすいっていう意味で、「体験」から入るのは、いい選択肢かなと。

プログラミングを体験した「後」の話[脱初心者]

ここからは、「体験後」の話になります。

まだ体験していない方が大半だと思いますので、ページ下にスクロールして頂いてOKです。

体験してみて楽しいって感じたら、大きく2通りに分かれるはず。

  • 「趣味」としてもっと触りたい
  • 「武器」として勉強してみたい

上記の通り。

参考記事を用意しておきましたので、最後に解説します。

趣味としてプログラミングを続けたい

まずは、
「シンプルに楽しいから、趣味として触ってみたい」
っていうパターンです。

さっきのprogateを例にしつつ、具体的な方法を紹介しております。

✔️参考
[個の力]趣味としてプログラミングを始めると未来は明るい[方法を解説]

武器としてプログラミングを学びたい

次に、プログラミングを武器にしたいパターンですね。

IT技術を自分の武器にしていきたい。

そのためには、いくつかステップを踏む必要がありまして、下記で解説しております。

始め方〜モチベーションの話まで網羅してます。

✔️参考
[保存版]プログラミングを始める前に知っておくべきこと[完全初心者むけ]

最後に:初心者だからこそ、気楽に体験してみましょう

記事のまとめです。

  • 体験する方法は大きく2つ
  • スクールか、サービスか
  • 初心者が悩んでも意味はない
  • 理解より体験を優先してOK
  • 未来の話もしました

この記事を閉じたあと、何をするか。

何もしませんか?
それとも一歩踏み出してみますか?

僕ができるのは、
背中をポンって押すくらいです。

結局のところ、自分から動かないと、何も得られるものはないですので、ぜひ動いてみてくださいね。

では、今回はこの辺りで。

✔️記事中のリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です