[初心者向け]Webプログラミングを始める前の基礎知識[必見]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

「web系のプログラミングに興味があります。でも、どんな言語があって、どれを選べばいいのか、わかりません。
将来的にリモートで働いたり、高単価な案件をとったりしたいので、そのあたりに有利な情報を聞きたいです。」

このような意見に答えます。

本記事の内容

  • Webプログラミングは大きく2種類
  • それぞれに必要・向いている言語がわかります
  • 『Webの未来』は明るい

この記事を書いている僕は、Web系のプログラミングを始めて2年ほど。

今は個人で仕事をもらったり、スクールで指導しています。

初心者の気持ちがわかりつつ、web技術にもけっこう詳しい人というポジションで、今回お話したいと思います。

3分だけお付き合いください(`・ω・´)ゞ

[初心者向け]Webプログラミングを始める前の基礎知識[必見]

『webプログラミングの種類』
まずは、これを知っておくべきでして、結論からいうと

  • フロントエンド
  • バックエンド

上記の通り。

参考記事を貼りつつ、
それぞれサクッと説明しますね。

webの顔面:フロントエンド


webサイトの見た目を整えるスキルです。

例えば、上の写真。

僕のTwitterのプロフィールのなのですが、
上にナビバー、その下にバナー、みたいな、感じですよね。

こういう構造とかの、『ユーザーの目に触れる部分』を作っていくのが、フロントエンドだと思っていただければOKです。

✔️よく使う言語は3つです

HTML、CSS、JavaScript

フロントエンドでよく使う言語は上記3つです。

家をイメージするとわかりやすいかもです。

・骨組み
・色をぬる
・電気を通す

家を分解すると
スーパーざっくりですが、こんな感じ。

そして、それぞれ

・骨組み→HTML
・色をぬる→CSS
・電気を通す→JavaScript

っていう対応ですね。

ぶっちゃけ、LPコーディングとか、簡単なwebサイトの作成くらいなら、これだけで可能です。

学習の難易度もそんなに高くないです。

お手軽なスキルですよ。(`・ω・´)ゞ

webの機能:バックエンド


ユーザのデータを扱ったりする技術です。

例えば、同じ例ですが、Twitter。

自分のアカウントがあって、投稿して、いいねができて、、、

こういうのは、いわゆる『データ』を扱っていますよね。

データを扱った上で、ユーザの目に見えるようにしている。

この『データの扱い』を担当する部分がバックエンドだと思って頂いてOKです。

✔️バックエンドでよく使う言語

RubyとPHPが強く、最近はGoも伸びてきているという感じです。

例えば、クックパッドなどはRubyですし、クラファンサービスのCAMPFIREはPHPです。

Goはサービスの一部を置き換える流れがきています。
動作が早いんですよね。

そして、フロントもバックも、『フレームワーク』と言われるものがありまして、それを次に説明します。

[重要]Webプログラミングの『フレームワーク』

フレームワーク、まあ、簡単にアプリを作れる「ルール」です。

生のRubyでゴリゴリアプリを作っていくことは、、、まあ、ないです。

便利なものは、使うのが正義です。

フロント、バック、それぞれ紹介しますね。

フロントエンドのフレームワーク


結論からいうと、

Vue、Angular、React

この3つが圧倒的な3強になっています。

JavaScriptのフレームワークでして、かなり手間を減らして、コードを書くことができます。

1行で説明すると、

・Vue→初心者でも始めやすい
・Angular→Googleが開発
・React→長期で身につけるもの

こんな感じ。

まあ、初心者ならVueを学んでおけばOKかなと思います。

「こんな簡単にアプリ作れるんだ、楽しい!」

こんな風に感じて、もっと触りたくなってきますよ。(`・ω・´)ゞ

バックエンドのフレームワーク


これも結論から。

RubyならRails、PHPならLaravelなどですね。

RubyでもPHPでも、どっちでもOKです。

もしPHPにするなら、
初心者はLaravelでいいかなと。

というのは、一通りPHPを触ってみた結果、ドキュメントがかなり充実してるなと感じたからですね。

『公式の情報』が充実してるというのは、かなり心強いです。
学習ハードルも低く、始めやすいですよ。

、、、すみません。
バックエンドのフレームワークはまじで多いです。

特にPHPはLaravelの他にも、CakePHPとか、いっぱいありますので、興味があったらググってみてください。(`・ω・´)ゞ

もちろん、他のスキルも必要です。

ここまで、Webプログラミングの種類と、技術についてお話しました。

ですが、これだけじゃ不十分。

細かい他のスキルも必要でして、例えば下記の通り。

・バージョン管理(Git)
・デプロイ
・データベース
・セキュリティー、、、

上記の通り。

このスキルと組み合わせて初めて、しっかりとしたプロダクトを作ることができます。

なお、ここまで読んで

「めちゃめちゃ大変そうじゃん。。。
必要なスキルもキリないし。」

と思う方もいるかもです。

その通り。
webプログラミングの技術は無数にあります。

ですが、問題ありません。

しっかりと1つの言語を深めた経験があれば、他の言語を触る必要が出てきた時も、チェンジするのは意外と簡単ですので。

ここは言葉にするのが難しいのですが、、、
バタフライ極めたら、クロールもやりやすいみたいな感じです。

『水泳のコア』が身についているので。
伝わりますかね?

Webプログラミングそれぞれの勉強法

僕の結論は、いつもこれです。

  • 無料で基礎固め
  • 有料教材でブースト
  • アウトプット

上記の通り。

詳しい話は、プログラミングは大学生からでも全く遅くない[今すぐ行動セヨ]に譲りますので、ぜひどうぞ。

ここでは、僕がフロントエンド、バックエンド、それぞれどうやって身につけたのか、紹介します。

フロントエンドの身につけ方


プロゲートでHTML、CSS、JavaScriptを触りました。

その後、スクールへ。

具体的には、テックアカデミーというスクールの、フロントエンドコースを受けました。

プログラミング経験0でも、問題なく力をつけられるシステムでしたね。

HTML、CSS、JavaScriptと、各種ライブラリの使い方。

なんと最近、Vueも追加されまして、これ1つで言語〜フレームワークまで勉強できるようになりました。(`・ω・´)

✔️参考
テックアカデミーのフロントエンドコースで身につく力をまとめる[実体験]

※Google検索で、公式サイトの次に出てくるので、信頼度は高いはず。

バックエンドの身につけ方


同じです。

ぜんぶ、テックアカデミーで一気にインプットしました。

RailsとLaravelの両方を学びまして、どっちも対応できる技術を手に入れました。

なお、

「スクール高すぎな、、、
行く価値ないでしょ」

と思う方はOKです。

ただ、この成果物がそのまま実績になりますので、仕事に繋がります。

これは事実でして、[事実]大学生のプログラミングバイトは美味しすぎる[手順を解説]でお話しています。

✔️参考
[保存版]テックアカデミーのWebアプリケーションコースを徹底レビュー

テックアカデミーのPHP/Laravelコースで学べた事[暴露する]

※これもありがたいことに、公式サイトの次に出てきます。

まとめ:Webの未来は明るいです

  • webにはフロントエンドとバックエンドがあります
  • 言語を紹介しました。
  • フレームワークがあります。
  • 技術は無数ですが、乗り換えは難しくない
  • 身につけるにはスクールが確実

ポイントをまとめました。

話はちょっと変わりますが、
通信が4Gから5Gになりますよね。

すると、何が起きるか。

『ワードプレスが衰退する』
こう言われています。

ワードプレスっていうのは、web上の34%を占めている技術です。

(参考:wordpressの市場)

ここが動画技術の発展によって、ぽっかり穴があく。

すると、新しい技術が出てきて、WebITに詳しい人のチャンスというわけです。

この記事を読み終わったら、すぐに勉強してみましょう。

その『瞬発力』が、何よりも大事ですよ。(`・ω・´)ゞ

では、このあたりで。

✔️記事中で紹介したスクール

✔️参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です