【特典あり】テックアカデミーのはじめてのプログラミングコースで学べる事をまとめる

こんにちは!好奇心おばけのかわそん(@KKohey4)です!

この記事では、

プログラミングを学びたい人
テックアカデミーの
『はじめてのプログラミングコース』
が気になっています。

具体的にどんなことが学べて、
どんな雰囲気で
カリキュラムを進めていくのかな?

プログラミングは
全くの初心者なんだけど、
大丈夫なのかな?

あと、気が早いと思いますが、
受講後の未来についても
気になります。

このような悩みを解決していきます!

✔︎ 記事の内容

  1. コースで学べる内容
  2. 実際に受けてみた感想
  3. 初心者こそ受けるべき
  4. Webアプリケーションコースとの違い
  5. プログラミング未経験の後輩が受講してみた様子

なお、本記事の読者さんには2つ特典情報があります!

見つけた方はラッキーです(^^)

✔︎本記事の特典

  • 1万円安く受講できるコードの配布
  • 受講後に力を伸ばしていくロードマップの入手法

この記事を書いている僕は、実際にテックアカデミーの「はじめてのプログラミングコース」を受講した大学生です。

物理専門なので、プログラミングはほぼ未経験。

ふとしたきっかけから
プログラミングに興味を持って、
テックアカデミーを受講しました。

その後もスキルをつけて、AbemaTV などの親会社「サイパーエージェント」に入社することができました。

本記事ではそのように「未来を開く」方法もお伝えするので、ぜひお付き合いくださいね(^^)

テックアカデミーのはじめてのプログラミングコースで学べる事をまとめる

カリキュラムは前半と後半にわけることができます。

  • 前半:プログラミングの前提になる知識
  • 後半:読書管理サイトを作成

順番に説明していきますね!

難しい言葉は使わないようにしました。

テックアカデミーのはじめてのプログラミングコース前半: プログラミングの前提になる知識を習得

いきなりプログラミングはしません。

最初は

プログラミングに必要な前提知識

を押さえます。

コードを書いても、そのコードが

「サービスの中でどんな役割なのか」

がわからないと、何をやってるのか結局よくわかんないんですよね。

英語やるならまずアルファベットから勉強するのと似てるかなと!

コース前半の具体的な流れ


具体的には、この図の順番で進んでいきました。

  1. コンピュータの中身と特徴
  2. プログラミングでできること
  3. インターネットの仕組み

コード書いてないですよね。

まずは知識の下地を固めるところからです!

専門用語が使われていない

駆け出しエンジニア
スクレーピングってなんですか?
ベテランエンジニア
サイトのDOMから必要な要素を抜き出してくることです
駆け出しエンジニア
....(DOMってなんやねん!!!)

これ、めちゃあるあるです。

専門用語を説明するために別の専門用語で説明されて、わけわかんない

はじめてのプログラミングコースでは、これが全くありませんでした。

専門用語をさけ、
理解しやすい言葉で
解説してくれてました。

めちゃくちゃイメージしやすいように工夫されていたので、最初の一歩としてはかなりいいんじゃないかなと!

テックアカデミーのはじめてのプログラミングコース後半: 読書管理サービスを作成

プログラミングの全体像がつかめたら、
いよいよコードを書いていきます。

インプットしながら手を動かしてアウトプットする

こんなイメージです。

知識をつなげながら、
時にはエラー出しながら
順番に読書管理サービスを作っていきます。

コース後半の具体的な流れ

具体的な流れはこんな感じになります!

  1. HTML/CSSの基礎
  2. PHPの基礎
  3. MySQLの基礎
  4. 知識つなげてアプリ作成
  5. Webサービスの業種知識

細かい技術の話は割愛しますが、

Webサイトを作れるようになってから、
ユーザのデータも合わせて扱う
Webサービスを作っていく

というイメージです!

プログラミングの醍醐味を味わえる

後半でアプリを作っていきます。

が、ここがめちゃくちゃ楽しいんですよね!

やっていく中で

「ん?なんかおかしいぞ?」
「あああ!辛い、わからん」

って落ち込んだり、

「やったああ!動いた!」
「アプリ完成した!」

って喜んだり。

感情がジェットコースターみたいに動きますw

しかも、

プログラミングの技術が上がっていくのが、自分でわかるんですよね。

どうでしょう、ワクワクしてきませんかね??

テックアカデミーのはじめてのプログラミングコースは「初心者」こそ受けるべき

内容もよさそうだな!
でも、自分は全くの初心者だし不安。。

断言しますが問題ありません。

むしろ、初心者の方こそ受けるべきです。

理由は3つ

  1. 着実に成功体験を積める
  2. 学習フローが確立できる
  3. 学習が止まらない仕組みがある

1つずつ説明しますね!

はじめてのプログラミングコースが初心者にベストな理由1.着実に成功体験を積める

こういうアプリ作りました!とか、こういうサイト作れるようになりました!って喜んでる初心者の人の作品を「大したことない」って水を差すの寂しいなぁ.そこでマウント取るんじゃなくて、小さい成功体験を承認しつつ自走へポンと後押ししてもらえた方が成長は早いはず😌

ツイートの通り、最初こそ成功体験が大事。

「動いた!俺できるジャン!」

っていう気持ちですね!

人間関係と同じです。
初対面で

「なんかこの人ニガテだな。。。」

って思った印象って、なかなか変わりませんよね。

プログラミングは長期戦
だからこそ最初の印象が超大事

というわけです!

僕も普段プログラミングスクールで指導していますが、

成功体験を積んでもらう⇨面白いと感じてもらう⇨自走できる状態へ

という流れを踏んだ生徒さんが、長期的にかなり力つけます。

この意味で、コースのカリキュラムが

成功体験の積み重ね

で作られているっていうことが
最初の1歩としては最高というわけです。

はじめてのプログラミングコースが初心者にベストな理由2.学習フローが確立できる


学習フローを作ることができます。

何をやって、どうなったら、誰にどう聞けばいいのか?

学習はじめのときには、これ全くわかんないですw

技術を学ぶ上でも、技術者として案件受けるにしても、かなり大事なのに、です。

でも、なんとはじめてのプログラミングコースでは、カリキュラム側でこの枠組みを作ってくれてるんです!

具体的には図のように

  1. カリキュラム進める
  2. Slackでエンジニアに質問
  3. 回答を元にカリキュラム進める

という流れです。

進め方もこれでいいのかわかんない。。。

という状態の初心者にとっては、
かなりありがたいんじゃないかなと思います!

はじめてのプログラミングコースが初心者にベストな理由3: 学習が止まらない仕組みがある


人間なので

なんかやる気でないなあ。。。

という時がありますよね。

ここは「環境の力」でカバーしてくれてます。

  • 受講期間は限定
  • 週一回のメンタリング

受講期間が限られていて、安くないお金も払ってしまった。

この状態で勉強やめるともったいない。

また、週一回マンツーマンで担当のエンジニアさんがメンタリングを行ってくれます。

次のメンタリングまで進展がないのは申し訳ない

って思いませんか?

独学の8割が挫折する

とも言われるプログラミング学習で
ここまで挫折の原因を潰してくれるのも珍しいです。

補足: 初心者はWebアプリコースより、はじめてのプログラミングコースの方がいい

ちょっと補足です。

はじめてのプログラミングコースと似たコースに「Webアプリケーションコース」というものがあります。

しかし、

  • そもそも目的が違う
  • 初心者にWebアプリコースはキツすぎる

ので、

完全初心者の方には
「はじめてのプログラミングコース」
を強くオススメします!

細かい違いはこんな感じです。

はじめてのプログラミングコース   webアプリコース
難易度        中       高
使う言語(フレームワーク)                    PHP                Ruby
メンタリング           週1回                週2回
オリジナルサービス開発         無し                 有り
目的                   脱初心者          エンジニアの道へ

特に
Webアプリケーションで扱う
Ruby on Railsというフレームワーク(ルール)は
初心者にはかなり難しい。

この技術は実際の社会でもバリバリ使われていて需要もあるのですが、いきなり取り組むのはオススメできません。

さらに気になる方はこちらの記事をどうぞ。

[保存版]テックアカデミーのWebアプリケーションコースを徹底レビュー

はじめてのプログラミングコースをオススメできる・できない初心者の方

ここまでの内容を踏まえて、
はじめてのプログラミングコースをオススメする人・しない人をまとめておきます!

✔︎ オススメする人

  • 脱初心者までの時間を短縮したい人
  • プロのエンジニアに質問しまくりたい人
  • 手を動かしてアプリを作りたい人
  • 教材をずっと閲覧したい人
  • オンラインで学習を完結したい人

✔︎ オススメしない人

  • 朝早く・夜遅くしか質問する時間がない人

質問対応の時間は15時〜23時です。

これ以外の時間に質問してもいいのですが、返信が返ってくるのは、この時間になります。

生活リズムが合わない人だけ
要検討かなと思います!

テックアカデミーのはじめてのプログラミングコースを受講した、プログラミング未経験の後輩

ここまで読むと、

かわそんにできても
自分にできるとは限らないよなあ。。

と思う方がいるかもなので、
実際に受講した後輩の話を。

結論からいうと、彼女は

  • Before:プログラミング全くの未経験
  • After:エンジニアと最低限の会話&モチベーション上がって別のコースも受講

と大変化したんですよね!

デザインと映像作成しかやったことがなかった

ある日、彼女はこんなメッセージを送ってきました。

お疲れ様です!!
ちょっと、この春、プログラミングの勉強をするべくテックアカデミーに行こうかと考えているんですが、ちょっと相談させてただいていいですか??|´-`)チラッ

ちょっと相談に乗ったのですが、
その場で受講を決意

すごい勢いでスキルを身につけていきました。

そして受講後、こんな嬉しいメッセージが!

お疲れ様です!!
テックアカデミーの件ありがとうございました!!無事、初めてのプログラミングコースをやりきり今月から違うコースを受けようかと思っているところです!
あのとき[かわそんの本名]さんに相談に乗っていただけたからこそ、1歩踏み出すことが出来ました!ありがとうございます

爆速でスキルを身につけていました。

受講前は

デザインと映像作成しかできなかった

彼女が

プログラミングに興味を持って、さらなるスキルへ前のめりになる

という状態に変身。

やっぱ自分がきっかけで、人の可能性が広がるのは嬉しいし、素早い決断と行動がまじで大事だなっと感じた瞬間でもあります。

はじめてのプログラミングコースの受講料金

大学生の後輩の話の補足です。

軽く料金の解説をしておきます。

学生・受講期間・社会人で変わりますが、

のようになっています. 他のコースの値段が

のようになっている事を考えると、

このコースの金額は安いですね!

もちろん金額的には安くありませんが、
クオリティの高い教材やメンターのおかげで、
短期間でもかなりの知識をつけられる事を考えると、
かなりコスパ高いかなと!

実際、受講後は大学生の僕でも時給4000円で働くという経験ができましたし、自己紹介のとおり、人気のWeb系企業にも就職することができました。

[実体験]平凡大学生がプログラミング使って時給4000円くらいで働けるようになるまでのお話

やるかやらないか、まじでそれだけです。

特典: テックアカデミーのはじめてのプログラミングコースで最速で初心者を抜け出そう!

記事のポイントです。

  • Webページ・Webアプリの作り方を学びます
  • 初心者こそ受けるべき
  • 初心者にはWebアプリコースより、はじめてのプログラミングコースをオススメします
  • スキル習得の仕組みが整っています
  • 初心者の後輩は大変身しました

初心者がコケるポイントを押さえつつ、
徹底的なサポート体制を用意している。

こういう環境はなかなかないかなと!

最後に特典に関して

1万円引きのコードはTwitterへ「紹介コードが欲しい」旨をDMください。

こちらの記事の通り、ブログで公開するのはNGだからです。

力をつけていくロードマップは、
同じくTwitterでコードを受け取った後、実際に勇気をもって受講した方にお配りしています。

以前は全員に配っていたのですが、
もらうだけもらって行動しない方もいましたので、
実際に受講した方限定にしています。

一歩踏み出した方が、
さらに力をつけていく方法を
まとめています!

ここまでお読み頂きありがとうございました!

もしご意見やご感想・質問などございましたらお気軽にかわそん (@KKohey4)までご連絡いただければと思います!

✔︎こちらの記事も人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です