プログラミングのアイデアは3つの方法で出せます[再現性アリ]

こんにちは、かわそん(@KKohey4)です。毎日コード書いてます。

「プログラミングを勉強したので、何か作ってみようと思います。でもなかなかいいアイデアが出てこなくて、『作りたいものがない』状態です。アイデアを出すコツとかあれば、聞いてみたいです。」

このような疑問に答えます。

✔️本記事の内容

  • アイデアをだす方法を3つ紹介
  • アイデアと『実現性』は分けるべき

この記事を書いている僕は、年間50人以上にプログラミングを指導。

そこでは、アイデア出しから開発のサポートまでを行ってます。

そこで今回は、『アイデアを出す方法』を共有します。

3分だけお付き合いくださいませ。

プログラミングのアイデアは3つの方法で出せます[再現性アリ]

結論からいきましょ。
下記の通り。

  • しりとり
  • マンダラチャート
  • 2W1H

この方法には、いわゆる『再現性』があります。

つまり、「アイデアのためには、お風呂でゆっくり考えよう〜」っていうものじゃないです。

順番にみていきましょう。

しりとりを使って、アイデアを出す

下記の動画をご覧くださいませ。

「無限プチプチ」とか知ってますかね?
あれを作った方のtedプレゼンです。

しりとりと、分野を結びつけて、アイデアを出します。

これは例を出してみたほうがイメージつくかもしれませんね。

しりとりを使った例

僕はwebサービスが得意なので、そこを「分野」として固定しましょう。

しりとり開始です。

スマホ→星→しか→かめ→、、

これと、結びつけます。

スマホ×web→?
星×web→?→web上で星座書きたい
しか×web→?
かめ×web→めちゃノロイweb、ロード画面で亀が走る

無理やり書かなくてokです。
例えば、これを出している時、「ニッチな分野に尖ったシェアサービス」って少ないかもって感じました。

くだらないアイデアでいいですよ。

宝石が混ざっている時がある

これはいわゆる『数を打っている』パターンです。

というのは、完全に思いつきのアイデアを、大量に生産しているから。

何がいいのか。
たまーに宝石が混じっている時があるんですよね。

「え、、作ったら意外と面白いものになるかも」

っていう。

無限プチプチとか誰得?って感じですが、でも、惹かれますよね。笑

マンダラチャートでアイデアをだす


(出展:マンダラート|目標設定にも使える一気に72のアイデアを出す発想法)
マンダラ状に、「必要なこと」を書き出していきます。

「必要なもの」っていう意味で、さっきのしりとりとはちょっと違いますね。

この方法は野球の大谷選手もやってまして、それが上の写真みたいなものです。

活躍に必要な要素が、分解されています。

プログラミングに合わせた例

とりあえず、アイデアに分解していく中で、全部プログラミングに着地させるのは難しい。

なので、
「プログラミングに着地したもの」
を狙い撃ちっていう感じがベストかなと。

例えば、僕の目標は「だらだら寝ないようにすること」です。

必要なことを、書き出します。

生活習慣
テクノロジー
身の回りの工夫、、、

さらに、それぞれに対して、思いついたことを書き出しです。

生活習慣
→12時には寝る、お酒はほどほど、、
テクノロジー
→うるさい目覚まし、カーテン開けるiot、眠り浅い時に起こしてくれるマクラ、半回転するベッド、、、
身の回りの工夫
→目覚ましを手の届かないところに、、、

こんな感じ。

気楽さには劣りますが、アイデアと具体的なアプローチが見つかります。

2W1Hでアイデアをだす


What、Why、Howに当てはめていきます。

what→何を作るか
why→なんで作るか
how→どうやって作るか

whyから始めよう

ここまで読んで、

「whatがわからないから、困ってるんじゃん。」

って思うかもです。

だから、whyから始めましょう。
なぜ作るかという部分ですね。

これは体験ベースで、困った経験を洗い出すことで、見つかるはず。その不便を解消するためのサービスです。

なぜ5W1Hじゃないのか

なんで、2W1Hでいいのか。

実は、2W1Hを深掘りしていくと、5W1Hになっていくからです。

具体例をみてみましょう。

不十分な例

例えば、こういうサービスを思いついた人がいたとします。

what→ユーザが1日に歩いた距離を競えるサービス
why→自転車や車で、運動不足が問題になってるから。
how→アプリで計測

もし、僕がこれを相談されたら、いくつか指摘します。

ユーザってだれ?
競ってどうするの?
アプリだったら使えない人が出てこない?、、

みたいな。

そこで改めて考えてみると、、
「地域のコミュニケーションが少ない」
っていう問題が核にあることがわかったりします。

修正した例

これを踏まえて、どうなるか?
例えば、こんな感じ

what→〇〇町の40代の男性が1日に歩いた距離を競えるサービス
why→コミュニケーションをもっととりたくて、でも忙しいからまずはオンラインで。
how→アプリで計測して、専用の掲示板にシェア。地域で報酬を用意して、それは直接渡します。このイベントに参加してくれた人は、ビールをあげます。

こうやって、どんどん「ブラッシュアップ」していくわけです。

もちろん正解はないので、
何回も誰かと話し合って、深めていくのがベストです。

プログラミングのアイデアを出している時に起きること

ちょっと、補足的なものを。

アイデアを出している時って、めちゃ起きることが2つあります。下記の通り。

  • 技術ベースで考えてしまう
  • 自己満なもの

最後に、サクッと紹介しますね。

技術ベースで考えてしまう

whyが先にくるんじゃなくて、howが先にくると、こうなります。

例えば、

掲示板を作りたい→コミュニケーションのきっかけになる

みたいな。

順番が逆でして、この「置きにいってる感」からは、いいものってなかなか出てきません。

whatとかwhyがふわふわしてるので、これが「危険信号」だったりします。

自己満足のアイデア

これも多いです。

考えていく中で、「そういえばこのサービスは何の役に立つのか?」っていう視点が、落ちるんですよね。

もちろん、無限プチプチみたいになんかハマることもありますし、絶対にダメっていう訳ではありません。

ですが、割と戦略的にやっていかないと見てもらえないのも事実。

趣味じゃないなら、練りましょう。

最後に:プログラミング×アイデアの可能性は大きい

記事のポイントをまとめます。

  • アイデアを出す方法を3つ紹介しました
  • しりとり、マンダラ、2W1Hです
  • 数を打った中に宝石が入ってる時が
  • アイデアあるあるも紹介
  • 技術ベースや自己満になってないか

こんな感じですね。

当たり前ですが、アイデア出しに、100%正しいやり方とかありません。

なので、ここで紹介した方法を試しつつ、ぜひ自分にあった方法を見つけてみてくださいね。

この記事から、ぶっ飛んだアイデアを出す方がいらっしゃれば、これ以上に嬉しいことはないです。

ではでは。

✔️参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です