[ゲスいが事実]プログラミングは儲かります[時給は青天井です]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

「プログラミングに興味があります。でも、今から始めても、儲かるのかな。もしまだ間に合うなら、稼ぐ方法もセットで教えてくれると、参考になります。」
このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • プログラミングは儲かります。
  • 時給はどこまでも上がります。
  • スキルをつける方法を解説

この記事を書いている僕は、プログラミングを使って稼いでいる、大学生です。

Web作成や、Webサービスの開発など。

半年で時給4000円になり、そこからさらに稼げるようになったので、方法を共有します。

3分だけお付き合いくださいませ。(`・ω・´)ゞ

[ゲスいが事実]プログラミングは儲かります[時給は青天井です]


プログラミングは儲かります。
こういう言い方をすると、ゲスいようですが、、、事実です。

というのは、まだスキルとして、希少だからですね。

クラウドワークスの案件を見てみましょう。

ECサービスですね。

どこまでやるかはわかりませんが、スキルレベルとしては、高すぎるっていう訳ではないです。

僕も、クレカ決済可能なサービスとか、作ってきましたし。

なんで高単価なのか。
このスキルを持ってる人が、少ないからですね。

プログラミングでお金をもらうことに、抵抗がある

こういった話をすると、

「なんか、お金をもらうの、申し訳ないなあ、、、」

って言われることがあります。

でも、こういう考え方は、変えたほうがいいです。

というのは、きちんとした価値を提供しているからですね。

例えば、LINEやTwitter。
みんな使ってるかなと。

無料で使えるのに、価値ありますよね。
収益の導線は、他で確保してあるからです。

コードを書くことで、この「価値」を提供する側に回ることになります。

「価値」の対価としての「お金」なので、罪悪感を感じる必要なしです。

余談:ソフト系の「価値」について

ちょっとさっきの、「価値」についての補足を。

形の無いものを提供するっていうところで、お金をもらうことに抵抗がある人も、いるかもしれませんね。

1つ質問があります。

「そのスキルをつけるために、どんなことをしてきましたか?」

たぶん、結構な時間、お金、ストレスを乗り越えてきたのではないかなと。

それも、対価をもらうべき理由です。

他の人がこれから始めようとすると、時間・お金・精神のコストがかかります。
これを肩代わりしてるんです。

ですので、繰り返しになりますが、
稼ぐことに対する、罪悪感は不要です。

時給はどこまでも伸ばせます。

プログラミングの時給は、特殊です。

というのは、スキルがあれば、どこまでも伸ばせるからですね。

例えば、

「〇〇円で、これ作ってください〜!」
って言われたとします。

スキルが高いほど、かける時間は少なくてすみますよね。

つまり、自分のスキルレベルが、もろに時給に影響するっていうわけです。

どうでしょう?
スキルつけよう、自分のためにって思えますかね。

スキルをつけるための時間について

「いや、プログラミング勉強する時間も合わせたら、実際の時給って、もっと低いじゃーん。」

っていう声があるかもなので、答えます。

その通り。
ですが、問題ない

これが結論です。

何で問題ないのか。
それは、スキルの維持費が0円だからですね。

頭の中に、情報が入ってるだけですので。

つまり、スキルの使い回しができるっていうわけです。
コスパは高いです。

具体的な例をみてみます。

下記のツイートをご覧ください。

3万円の案件で、稼働時間は2時間20分。

つまり、大学生でも、時給1万円になることができます。

これは、さっきお話した通り。
スキルをつけて、使い回したからですね。

じゃあ、どうやってスキルをつければいいのか。
最後にお話します。

稼ぐためのプログラミングスキルのつけ方


どうやったら、稼ぐためのスキルをつけられるのか。

  • スキルの種類
  • 身につけ方

この2つに分けて、紹介しますね。

稼ぎやすいスキルは「webフロントエンド」です

結論からいうと、稼ぎやすい分野は「Web系のフロントエンド」です。

僕たちが普段見ている、「Webサイト」の見た目の部分を作る分野って考えればOKです。

理由は2つ。下記の通り。

・需要が高い
・学習ハードルが低い

上記の通り。

しかも、webサイトとかって、個人でも欲しいって思ってる人、多いんですよね。

✔️最大のメリットは「手軽さ」です

プログラミングやったことある人なら、わかるかもですが、サクッと作れます。

少なくとも、アプリとかよりはずっと
手軽に。

「仕事」に繋げやすい流れは、下記です。

  1. 友達のサイトを格安で作る
  2. 実績として公開する
  3. アピールしつつ、仕事をとる

上記の通り。

最初は、信頼作りを優先して、それを武器に、仕事を取りに行くっていう流れですね。

営業をするのは、下記2つのサイトでOKです。
忘れないうちに、登録だけでもしておくことを、オススメしますよ。

✔️クラウドソーシングのサイト
クラウドワークス
ランサーズ

スキルを身につける方法

僕の結論は、いつも同じ。

  1. 無料で基礎を学習する
  2. 有料教材でブースト
  3. アウトプット

上記の通り。

詳しくはプログラミングは大学生からでも全く遅くない[今すぐ行動セヨ]で説明していますので、参考までに。

ここでは、1つ補足します。

個人的にかなり有益だと思った、有料教材です。

テックアカデミーのフロントエンドコースですね。

0から、最新の技術まで、かなり網羅していましたので。
今、1万円引きのコードもお渡ししていますので、見てみてはどうかなと。

✔️参考
テックアカデミーのフロントエンドコースで身につく力をまとめる[実体験]

最後に:今からプログラミングを武器にしましょう。

記事のポイントをまとめておきます。

  • プログラミングは儲かります
  • 稼ぐことに、抵抗を感じる必要はない
  • webフロントエンドが狙い目です
  • 需要が高く、学習しやすいから
  • 学習方法は3ステップです。

こんな感じです。

今、この記事を読んだあとに、何をするか。

人生の難易度を、少しでも下げたいなら、武器を身につけ始めましょう。

見える世界が、少しずつ変わりますよ。

では、以上です。
この記事が、少しでもお役に立てれば、幸いです。

✔️記事で紹介したリンク

✔️参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です