【エンジニアになれた】テックアカデミーのフロントエンドコースを完全解説

こんにちは、
かわそん (@KKohey4)です。

サービス作りたい人
テックアカデミーのフロントエンドコースが気になっています。

どんなカリキュラムで、どんなことが学べるんだろう?

そもそも、自分はフロントエンドコースに向いているのだろうか?

また、フロントエンドコースで身につけたスキルを、副業や就職で使えるのかについても、聞いてみたいです。

このような悩みにこたえます。

本記事の内容

  • フロントエンドコースのカリキュラムの内容5つ
  • カリキュラムで身に付くスキル3つ
  • フロントエンドコースに向いている、向いていない人の特徴
  • 「今」フロントエンドを学ぶべき決定的理由
  • 身につけたスキルを副業や就職で使う方法

この記事をかいている僕は、
テックアカデミーフロントエンドコースの元受講生です。

この受講を機に、時給3000円の開発をしたり、インターンに合格することができました。

去年にはサイバーエージェントに就職することができ、受講内容も、スキルを活かす方法も、誰より詳しいと断言できます。

この記事を読めば、
フロントエンドコースの全てがわかるように書きました。

ぜひお付き合いくださいませ。

目次

【エンジニアになれた】テックアカデミーのフロントエンドコースを完全解説


カリキュラムで扱う内容は、大きく5つです。

  1. フロントエンドの基礎
  2. 代表的なフロントエンドライブラリとの連携
  3. バックエンドとの通信
  4. Vue.jsの利用方法
  5. オリジナル作成

細かく説明しすぎても萎えるので、

5つに分類してみました。

それぞれざっくり説明してみます。

【テックアカデミーフロントエンドコースのカリキュラム1】フロントエンドの基礎


まず、フロントエンドってなんだ?

というところから始まります。

まあ、これからやることの全体像がわからなかったら、効率悪いですからね。

具体的にはHTML/CSS/JavaScriptの基礎を学びます。

僕たちが普段見てるサイトの一番奥にある、
一番基礎の技術なんですが、
完全初心者でも、
スムーズに学べるように工夫されています。

【テックアカデミーフロントエンドコースのカリキュラム2】代表的なフロントエンドライブラリの利用方法


次に、ライブラリの使い方を学びます。

ライブラリというのは、

便利なコードの塊って思ってもらえればOKです。

というのも、サイトを0から作ってたら、めちゃくちゃな時間がかかるんですよね。

賢いエンジニアが作ってくれたライブラリを使うことで、
僕たちはラクしてサイトを作ることができます。

もしかすると、勉強熱心な方だと、

そんなの甘えだ。自分で作るべきだ!

と思うかもしれません。

ですが、エンジニアの世界には

「車輪の再発明をするな」

という言葉があり、

誰かが作ってくれたものは、みんなでメンテナンスしながら、みんなで使おうぜ

という文化があります。

マインドを変えて、ありがたく使わせてもらいましょう!

【テックアカデミーフロントエンドコースのカリキュラム3】バックエンドの通信


実はここまででフロントエンドコースは終わりです。

次はバックエンドコースについて学びます。

バックエンドってなんですか?

って聞かれると
1時間くらい話せるのですが、

ざっくりいうと、

「データを管理して、必要なデータを渡すもの」

と捉えてもらえればOKです。

僕たちが学んできたのは「フロントエンド」であり、これはユーザに見える部分になります。

TwitterやFacebook、インスタなどを見ればわかりますが、見た目だけではなく、データのやりとりが必要です。

フロントエンドコースでは

  1. WebAPI→Flicker
  2. BaaS→Firebase

この2つの使い方を学びます、

あくまでも「使い方」ですが、

これである程度のサービスなら自力で作れるようになります。

【テックアカデミーフロントエンドコースのカリキュラム4】Vue.jsの利用方法


フロントエンドは終わりと言いましたが、

先日カリキュラムをチェックしていたら、

なんとVue.jsが追加されていました。

インフルエンサーのくりのすけさんも言っていますが、これは非常にアツい。

世の中、めちゃくちゃVueが流行っているからです。

需要が高い技術を、さらに学ぶことができます。

【テックアカデミーフロントエンドコースのカリキュラム5】オリジナル作品

ここまでの技術を使って、
オリジナル作品を作ります。

個人的には、一番力を入れるところだと思います。

現役エンジニアに直接質問しながら、自分だけの作品を作れるなんて、めちゃくちゃ貴重ですからね。

ちなみに僕は、

テックアカデミー全体でも使われている、

slackというアプリのクローンを作りました。

これによって、講座内で学んだ「リアルタイムチャット」「firebase」「vue」をググりながら使うきっかけになったので、かなり技術が手になじみましたね。

フロントエンドコースのカリキュラムで身に付く力3つ

これらのカリキュラムをこなせば、

大きく3つの力が身につきます。

  1. モダンなライブラリの使い方
  2. バックエンドとの連携方法
  3. 「ググればわかる」レベルに手に馴染ませること

未経験から独学で身につけるのは、

ほとんどの人にとってかなりキツいんです。

これが二ヶ月で身につくとか、、、

ぶっちゃけありえないレベル。

もちろん、受講すれば誰でも身につくというわけではないので、

受けちゃいけない人の特徴を紹介しておきます。

※ちなみに受講期間は、未経験なら2ヶ月コース、プログラミングの経験がある(0から何かを作ったことがある)なら、1ヶ月コースがおすすめです。

テックアカデミーフロントエンドコースに向いている人・向いていない人

繰り返しにはなりますが、
誰でもスキルを身につけられるわけではありません。

下記のような人にはキツいので、
他にお金使った方がいいでしょう。

向いていない人の特徴

  • 受け身な人
  • スキルを使う意思がない人

逆に、向いているのは、

  • 積極的に学ぼうと思う人
  • スキルを使う意志がある人
  • フロントエンド以外のエンジニア

です。

テックアカデミーフロントエンドコースに向いていない人

くどいようですが、

  • 受け身な人
  • スキルを使う意思がない人

カリキュラムはオンラインなので、

サボろうと思えばサボれます。

なので自分から身につけにいかないと
お金のムダです。

スキルを使うつもりがない人も厳しい。

すぐじゃないけど、いつか役立つはず。。。

こう考えているなら、
その「いつか」の時には、
受講内容はきれいさっぱり忘れてます。

どんな分野でもそうですが、

アウトプット前提のインプット

が超大事です。

テックアカデミーフロントエンドコースに向いている人

  • 積極的に学ぼうと思う人
  • スキルを使う意志がある人
  • フロントエンド以外のエンジニア

最初の2つはイメージしやすいですが、

最後だけ「?」だと思います。

実は、フロントエンドコースは、

他の分野でプログラミング経験がある人にもオススメ

です。

※プログラミング経験がある=何でも自分でものを作った経験がある くらいのレベル感です。

理由としては2つあり、

  1. フロントエンドエンジニアとのコミュニケーションが楽になる
  2. いざとなれば自分もコードを書いて貢献できる

からです。

実際、僕も本業ではバックエンドエンジニアですが、受講を通して、

フロントエンドのエンジニアさんが欲しいデータをイメージすることができるようになりました。

開発の速度が爆上がり。

副業ではVueを使ったフロントエンドエンジニアもやっており、受講内容を120%活かせています。

「今」フロントエンドコースを学ぶべき決定的理由


ここまで読むと、

フロントエンドがいいのはわかったけど、

バックエンドとか、アプリとか、

他の分野と比べるとどうなんだろう?

って思う人もいるかもです。

お金の話になりますが、

今、フロントエンドは他の分野より優先で学んでおくべき。

  1. 製品としての需要の増加
  2. 技術としての需要の増加
  3. 副業への繋げやすさ

がハンパじゃないので。

【今フロントエンドコースを学ぶべき理由1】製品としての需要の増加


自分のサイトが欲しい!

というニーズがかなり高まっています。

さらにいうと、

スマホでもみやすい、使いやすいサイトにしたい

と思っている人が多い印象。
地方の店とかは特に。

Twitterとかを見ていると、

「Web制作はオワコン」

みたいな人がいますが、まだまだいけます。

僕も実際に、塾のサイトを作ったりしていました。

【今フロントエンドコースを学ぶべき理由2】技術としての需要の増加


実は、フロントエンドの技術は、今かなり盛り上がっています。

フロントエンドコースでも扱う、Fireabase という技術が発達してきたことが、
ひとつ大きな理由だったりします。

バックエンドを書かなくても、フロントエンドさえかければ、ある程度のサービスなら作れるようになってきたんですよね。

そして、フロントエンドで一番人気のある技術が、実はVue。

フロントエンドコースで学びますね。

需要のある分野の、需要の高い技術を習得できます。

【今フロントエンドコースを学ぶべき理由3】圧倒的に副業へ繋げやすい


フロントエンドの技術は、他の技術に比べて、圧倒的に副業に使いやすいです。

バックエンドや、インフラといった分野は、なかなかそれだけでは製品にならなかったりするので。

これは明らかに、フロントエンドの強みです。

具体的に副業する方法を、最後に説明します。

【未来の話】フロントエンドコースを副業や就職で使う方法

フロントエンドコースを受講するには、
理由がありますよね。

周りを見ていると、大きく2つかなと。

  1. 副業に使いたい
  2. 就職で使いたい

ラストとして、それぞれサクッと説明します。

フロントエンドコースを「副業」で使う方法

結論からいうと、

知り合いから、サイト作成の案件をもらいましょう。

よく

クラウドワークスなどで案件とってみましょう!

といわれますが、

個人的には一歩目としてはおすすめしないです。

というのも、普通にハードル高いじゃないですか、いきなり知らない人の案件を担当するって。

まずは、知り合いのホームページ作成とかさせてもらうのがベストです。

実際、僕は友人の塾のサイトを作りましたし、その出来がよかったから、生徒さんの管理システムも発注してもらいました。

ここくらいが、一番現実的かなと思います。

フロントエンドコースを「就職」で使う方法

下記のツイートをご覧ください。

フロントエンドの知識を使って、0からものを作ってみましょう。

そして、

「なんで作ったか」

を言えるようにします。

あとは、面接官の目をみて、ハキハキ話すようにすれば、OK。

エンジニアは根暗が多いので、
ぶっちゃけこれだけで上位層です。

【まとめ】フロントエンドコースはかなりコスパがいい

記事のポイントです。

  1. カリキュラムは大きく5分野
  2. 身に付く力は大きく3種類
  3. フロントエンドコースには「向き不向き」があります
  4. 需要・稼ぎやすさ的に、フロントエンドコースは学んでおくべき
  5. フロントエンドは副業や就職でアピールしやすい分野です

こういう感じです。

残念ですが、この記事を読んでも、特に変わることはありません。

行動をしていないので。

そして、行動しない人がほとんどでしょう。

でも、一歩踏み出せた人だけに、人生を変えるチャンスが出てくるのは事実。

やるなら、一番やる気が出てる今です。

モチベーションはなまものですし、
結局のところ、
自分の人生は自分しか変えられませんので、
ぜひに。

2 件のコメント

  • いつもブログ拝見してます!
    かわそんさんはインターン先としてどのような特徴のあるところが良いとお考えですか??
    お時間よろしければお聞かせください!

    • ひろきさん、初めまして!
      いつもブログ読んで頂きありがとうございます!

      自分が面白そうって思えて、かつ成長できる環境は全部応募してみた方がいいかなと思います.
      僕だったら、IT×アパレル というインターンをしたのですが、ほぼ直感で応募しましたw

      蓋を開けてみれば企業が実際に使用しているクレジットカードの決済機能や、チャットシステムなどの裏側の技術を学べたりしました.
      インターンって学ぼうと思えばどこまでも深く学べる、学生の特権だと思うので、好奇心にしたがってとりあえず自分をPRしてみたらいいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です