[熱い]プログラミングをもう一回やりたくなる映画を4つ厳選[神]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

モチベ上がらない人
「プログラミング系の映画を知りたいです。なんとなく、かっこいいっぽいし。なんか、やる気が無くなった時に、復活しようかなって思えるエッセンスが入ってると、なお、聞いてみたいです。」
このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • 最高のプログラミング映画は「スノーデン」です
  • 他にも3つ紹介します
  • よくある勘違い

この記事を書いている僕は、普段プログラミングを使って、webサービスとか作っています。

やっぱり、毎日触ってると、うまくいかない時も。

正直、なんかだるいな〜って感じちゃいます。

そんな時に、いつもこの映画を見てまして、やる気を復活させています。

同じような方へ、贈ります。
3分だけお付き合いくださいませ。(`・ω・´)ゞ

[熱い]プログラミングをもう一回やりたくなる映画を4つ厳選[神]

結論からいうと、最高のプログラミング映画は、「スノーデン」です。

聞いたこともあるかもですね。

僕が何十回も見直している映画でして、かなりオススメです。

ストーリーをサクッと紹介します。

スノーデン


「プリズム」
聞いたことありますかね?

アメリカNSAの盗聴監視プログラムです。

主人公は「スノーデン」
その高すぎるプログラミング能力を買われ、CIAやNSAで働いてきたエリートです。

もちろん、報酬は十分。
それでも、彼は「米国が違法監視をしている」ということを、内部告発することを決意します。

「日本の主要インフラには、マルウェアを仕込んである」

「ドイツのメルケル首相の電話を盗聴」

「世界中のメールを監視」

こんな衝撃的な事実が、次々と暴露されていきます。

家族や恋人を危険に晒してしまうことを知りながらも、リスクを犯してまで、機密情報を盗み出す。

そして、身を隠しつつ、メディアに告白。

彼の行動力や、才能、倫理観、全てに感動します。

実話です。
もしまだ見たことない方がいれば、ぜひ見て欲しい1本ですね。

✔️なんであえてこの映画を選んだか

「もっとプログラミング系の映画ってたくさんあるはず。
なんであえて、この映画がいいんだろう?」

こんな疑問があるかもですね。

結論は下記の通り。

  • 事実に基づいているから
  • 身近な問題だから
  • 主人公が天才だから

上記の通り。

自分とは比べ物にならないくらいの天才が、日本っていう身近な場所に仕込んであるものを、暴露する。

遠いようで、近い。

この感覚があるので、なんか、引き込まれるんですよね。

他のプログラミング系の映画を紹介します

個人的に、「スノーデン」が一番オススメです。
理由は上記の通り。

が、他にも3つほど、紹介しておこうと思います。

参考までに、どうぞ。

サマーウォーズ


「OZ」、世界中の人々が、このインターネット上の仮想空間で自分のアバターを持ってる時代。

いろんな端末から、OZ上でいろんなサービスを利用できます。

ある日、主人公の「健二」の携帯に、謎の問題が届きます。

数学が得意だった健司は、それを解答して、送信。

すると、翌日、OZは「ラブマシーン」と呼ばれる人工知能に乗っ取られてしまいます。

ラブマシーンは、人工衛星を、核施設に落とすつもり。

それを止めるために、健二と仲間たちが、OZ上で戦う

こんなお話です。

ずっと目が離せず、ドキドキワクワクしっぱなしです。笑

スティーブ・ジョブズ


Appleを作った天才。

1970年代に、数人の友人と、自宅ガレージでパソコンを作り始めます。

こだわりの塊ともいえる、ジョブズ。

自分の子供を認知しなかったり、気に入らない社員をクビにしたり、無理と言われてるのに、スタイリッシュさを第一に優先したり、ビルゲイツに怒鳴ったり、、、

クサすぎるくらいに、人間っぽく、ジョブズが描かれてます。

小さなガレージから、成功と挫折を繰り返し、世界中に愛されるデバイスを作るまでの物語です。

今のコンピュータって、こうやって出来てきたんだって、なんとなく、しみじみとする部分も。

エネルギッシュさや、ITに向き合う熱意、
ひしひしと伝わってきます。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密


舞台は、1939年。
イギリスがドイツに宣戦布告して、第二次世界大戦が始まったころです。

ドイツ軍の最強の暗号「エニグマ」
これを天才数学者「チューリング」が解いていく物語です。

ただし、他人と協調できないチューリング。

だんだん、チームメンバーとの溝は深まっていきます。

さらに、チューリングは同性愛者だったため、周りからの対応も不遇。

今みたいなコンピュータは出てきません。
しかし、チューリングは今のコンピュータの基礎を作った人なんですよね。

コンピュータサイエンスのノーベル賞、「チューリング賞」にも、彼の名前は残っていますし。

こんな「パソコンの父」的な人の人生がわかって、面白いです。

八方塞がりの状況の中でも、暗号解読に人生をかける姿は必見です。

このプログラミング映画を、格安で見る方法


じゃあ、どうやって見ればいいのか。

結論からいうと

アマゾンプライムビデオ+レンタル

これが、一番安いですね。
実際に、僕はこの組み合わせで見ていますし。

だって、アマゾンプライムの値段って、月額500円ですよ。
これだけ払えば、

  • アマゾン製品は、無料で翌日配達
  • 対象の映画・ドラマ・アニメが見放題
  • 100万曲が聴き放題

とか、ありえないくらいの特典がついてきます。

今回だったら、スノーデン、ジョブズ、イミテーションはプライムで、無料です。

30日間は無料で、いつでも解除可能。
その後、続けても、月500円なんか、週末だけで元取れるはずです。

✔️学生の方はこちら(月250円です)
Prime Student無料体験

✔️社会人の方はこちら
Amazon Prime無料体験

最後に:形から入るプログラミングもアリです

記事のポイントをまとめておきます。

  • もっともオススメなのは「スノーデン」です
  • 他にも3つの映画を紹介しました
  • アマゾン使えば、格安です

上記の通り。

なんか、プログラミングって、波があるんですよね。
やたらとできたり、できなかったり。

だから、嫌になったりもします。
そんな時に、背中をポンって押してくれる映画を紹介してみました。

こうやって、イメージというか、形をもう一回思い出してみるのも、割と効果的ですので。

さて、映画をみた後は、もう、コードを書きたくなってくるはず。

ぜひ、楽しいプログラミングライフを取り戻してくださいね。

では、以上です。
この記事が、少しでも参考になれば、幸いです。

✔️記事で紹介したサービス

✔️関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です