プログラミング初心者がつまづくのは「3ヶ所」です[解決方法]

こんにちは、かわそん(@KKohey4)です!

「これからプログラミングを勉強していきたい。でも、いろいろつまづきそうで、心配だなあ。実際の体験ベースで、初心者がハマりそうなポイント・対策があれば、話を聞いてみたいです。」

このような疑問に答えます。

✔️本記事の内容

  • 初心者がつまづくポイント3つ
  • 自走できるようになったら勝ち
  • 本気なら独学はオススメしない

この記事を書いている僕は、ふだんはweb系のサービスを開発しています。

同時に、年間50人以上にプログラミングを指導。

もちろん初心者の方もいまして、今回は実際の例を出しつつ、共有します。

3分だけお付き合いくださいませ。

プログラミング初心者がつまづくのは「3ヶ所」です[解決方法]

まず、初心者がつまづくのはこの3つです。

  • 何から始めればいいのかわからない
  • 質問の方法がわからない
  • 力をつける方法がわからない

上記の通り。

順番にみていきましょ〜

何から始めればいいかわからない


最初の一歩がわかりません。

というのは、プログラミングっていっても、めちゃ幅が広いからですね。

ゲームもあれば、アプリもあれば、Webもある、、、

選択肢が多すぎて、初心者が迷うのも当たり前です。

✔️とりあえず「有名なもの」はNG

ここでやりがちなこととしては、

よく考えずに、「王道っぽい分野」を選ぶことですね。

ITスキルをつけて、「社会から頭ひとつ抜けたい」、「求められる側の人材になりたい」って強く思ってる人が多い印象です。

例えば、今だったらAIがアツいのでPython、とりあえず有名だからC言語、みたいな感じ。

これは断言できますが、よっぽど自律できる人じゃない限り、この勉強が続くことはありません。

モチベーションが切れちゃうんですよね。
じゃあどうするか、次に説明します。

✔️自分の興味・欲望に従ってOK

王道じゃなくて、自分が興味ある分野を選べばOKです。

というのは、シンプルに自分で納得して学習できるから。

「しょうがないからやってる」のと、「自分がやりたいからやってる」の間には、めちゃ大きい差があります。

やりたいことがはっきりしてる方は[目的別]プログラミング言語の選び方を初心者向けに解説を、はっきりしてない方はProgateをどうぞ。

質問の方法がわからない


これ、まじで悩むと思います。

というのは、初心者のうちって「わからないところがわからない」状態だから。

自分がコードを書いてて、エラーがでる。でも、内容がよくわかってないので、原因が絞り込めないんですよね。

しかも、誰にorどこで聞いたらいいかもわからない。

目の前が真っ暗になった、、、状態です。

✔️質問するにも知識がいる

じゃあ、どうやって「質問力」をつければいいのか。

結論は

正しい質問の方法を勉強する

上記です。

、、シンプルですよね。でも、ここができればこれ以降の開発のスピードが段違いになります。

逆にいうと、ここができてない場合。

質問される側の負担が大きくなるので、質問に答えてくれなくなっちゃいます。

お互いのためにも、必要かなと。

質問方法のテンプレート・質問場所については、プログラミングで詰まった時の質問方法を解説![必要な情報は5つ]をどうぞ。

力をつける方法がわからない

たぶん、初心者の方がコードを書いていると、

「なんか動いてるっぽいけど、よくわかってない。力ってついてるのかな、、、」

みたいな段階がくるかなと。

じゃあ、どうすれば「本当の力」がつくのか。

✔️アウトプットするのが最短ルート

実際に手を動かして作品を作ってみることが、最短です。

というのは、頼れるものが限られてるから。

ものを作ってみると、予想外のところで詰まったり、実装方法が全くわからなかったりして、いろいろ調べます。

このフェーズで、やっと「プログラミング力」がつくんですよね。

僕はスクールに通ってRailsの基礎を勉強したあと、Twitterの解析サービスを作ったりして、遊んでました。

✔️キツイけど楽しい

ちょっと誤解のないように。

アウトプットするのはキツイです。
まあ、当たり前ですよね。

数学も授業を受けるよりも、問題集を解く方が、頭は使うはず。

でも、やっぱり楽しいんです。
何かが形になっていくのって。

ぜひキツイ中でも楽しんで、ものを作ってみてくださいね。

いくつかコツがありまして、ご自身のタイミングで[力がつく]プログラミングのアウトプット方法は5つだけ[重要]をどうぞ。

本気な初心者の方には「独学」はオススメしない

このツイートをご覧ください。

僕は、いわゆる「思い上がり」をしてまして、独学でなんでもできると思ってました。

結果、2回挫折しました。
そして、2年間もムダに、、、

やっぱり本気だった分、挫折した時のショックって大きいんですよね。

フラれたというか、裏切られたというか。
そんな気持ちが出てくるので。

初心者がそんなに挫折する理由

じゃあ、なんでそんなにもプログラミングに挫折する人が多いのか。

経験的に3つの「できない」が大きいかなと。下記です。

  • 環境構築ができない
  • コードの理解ができない
  • エラーが解決できない

上記の通り。

環境構築、つまりコードを書くための場所を作ることができません。

本や動画の通りにコードを打っても、何やってるかわかりません。

エラーが出ても、なに言ってるのか全然イミフメイです。

この「3つの壁」が高い。

本当に初心者殺しの山でして、別記事を用意しておきました。
行き詰まった時にどうぞ。

✔️参考
[必見]プログラミング初心者が必ずぶつかる3つの壁[攻略セヨ]

プログラミング初心者こそスクールを


最初だからこそ、スクールに行くのをオススメします。

というのは、上記の3つの壁、そしてつまづくポイントをサポートしてくれるから。

僕はスクールに通って、挫折から復活できました。

ぶっちゃけ「どの」スクールかよりも、「そこで何を学ぶか」が100倍大切なのですが、、僕はテックアカデミーというスクールに行きました。

シンプルに、他のスクールよりも安くて、レベルが高いから。
あと、完全オンラインだったのもありますね。

本気の方だけ、どうぞ。

まとめ:初心者はつまづかないように「補助輪」を

記事のポイントは下記です。

  • 初心者がつまづくのは3ヶ所
  • それぞれに参考記事を用意しました
  • 本気だからこそ「独学」はオススメしない
  • 最初はスクールにサポートしてもらうべき
  • 挫折するのを防いでくれる

こんな感じですね。

ぶっちゃけ、僕はかなり遠回りした方です。

自分ならできるって思って、2年をムダにしました。

もし早めにこういう価値観に気づいていれば、、、今の僕のスキルはもっともっと高かったはず。

こんなミスをしないように、
皆さんは「知識への投資」をためらわないようにしてもらえればなと。

ではでは、以上です。

✔️関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です