プログラミングとkindleの相性は良い[検索とコピペを使うべし]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

「プログラミングをkindleで勉強しようと思います。 kindleで勉強するメリット・デメリットを知りたいです。
快適に学習していくための、ツールとかの話も聞いてみたいです。」
このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • メリットは3つ、デメリットは2つ
  • 紙の本との決定的な違い

この記事を書いている僕は、紙の本、kindle、動画でプログラミングを勉強してきました。

何年かやってると
kindleの特徴がはっきり見えてきたんですよね。

今回は、その話を共有します。

3分だけお付き合いを(`・ω・´)ゞ

プログラミングとkindleの相性は良い[検索とコピペを使うべし]

結論から。

kindleとプログラミングの相性はいい

上記の通り。

その内容としては、
メリットが3つ、デメリットが2つ
です。

ではでは、
サクッと見てみましょう。

kindleのメリット3つ


これも結論から。

  • 安い
  • 軽い
  • コピペできる

上記の通り。

かなり便利でして、
説明します。

✔️安い

kindleって、紙の本と比べて、安いです。

まあ、電子データなので、材料費とかかかりませんからね。

例えば、僕が使ってるスターティングGo言語の値段を比べてみましょう。

次の図の通り。

kindle→2896円
ソフトカバー→3218円

ですね。

ちょっとですが、積み重なると大きい金額です。

✔️軽い

軽い。
というか、重さありません。笑

繰り返しですが、データですので。

プログラミング系の本って、かなり分厚い。

持ち運びのストレスが、
ガクッと下がりますね。

幸せです。

✔️コピペできる

これは、ありがたいです。

めんどくさいコードを、全部手で打たなくてOKです。

技術書を読んでる時。

「え、、これ全部打たないと次に進めないの?」

みたいなこと、
想像するだけで、嫌になるかなと。

ただし、闇雲にコピペはNGです。
力が全くつかないので。

ちょっと重要なことでして、
下記で詳しく解説しております。

✔️参考
[事実]プログラミングでコピペしても十分力はつく[使い方に注意]

kindleのデメリット


2つです。

  • 最初に違和感
  • 端末が必要

上記の通り。

とはいえ、人によっては全く問題ないものばかり。

✔️最初に違和感

もしかすると、僕だけかもです。

kindleで勉強していると、違和感が出てきます。

というのは、
なんか勉強してる感がないんですよね。

紙の本と比べて。

でも、慣れます。
今は快適ですので、感じても最初だけです。

✔️端末が必要

当たり前ですよね。

「電子データ」を読むための
「機械」が必要です。

でも、、まあ持ってますよね。

この記事を読めていますので。

特に気にする必要、無しかなと。

プログラミング系の「本」と「kindle」の違い

では、紙の本とkindle。

何が違うんでしょう。

それぞれが勝っていて、
かつ、最大の強みになってるもの。

下記の通り。

✔️「紙の本」の勝ち
情報が入ってくるスピード

✔️「kindle」の勝ち
使いやすさ

ですね。

紙の本がkindleに圧勝

「情報が入ってくるスピード」
です。

どういうことか。

一目で情報をスキャンして、全体像をつかみやすい

っていうことです。

例えば言語の文法。
本の方が、全体像がつかみやすい。

✔️kindleでも変わらないのでは?

スクロールするか、
ページめくるか

この違いだけですので、もしかするとスピードとして、変わらないって感じる方もいるかもです。

まあ、、、
ここは個人の問題かなと。

紙の本と、kindleを比べてみて、少なくとも僕はそう感じているというお話です。

kindleが紙の本に圧勝


上の写真が、、、
物語ってます。笑

リモコンとか、手で押さえながら、コードを書く必要がありません。

技術書は分厚いので、
割とストレスになる部分ではあるかなと。

明らかに、持ち運び、開発のストレスが下がります。
やってみると、わかりますよ。

余談:kindleも、本も、動画には負ける

ちょっと、脇道かもです。

動画には、
両者敵いません。

というのは、情報量も、便利さも、動画は高いからですね。

読むより、聞いた方が早い。
手も、解放されます。

この辺りは、[初心者向け]プログラミング学習は動画orサイトでOK[本は微妙]で紹介しています。

kindleでプログラミングをやるために便利なツール


Kindle Paperwhite 防水機能搭載です。

、、、すみません。
王道すぎますよね。

でも、使ってみると、やっぱり人気な理由がわかりました。

安いし、防水だし、目は痛くなりません。

控えめにいって、
最高です。

スマホは、割とやめた方がいい

ここまで読んで、

「別に、スマホでもよくない?」
と思う方がいるかもです。

ですが、、、
ぶっちゃけオススメしません。

というのは、僕がやって苦労したから。

普通に見にくいし、移動中なら酔います。

コードにも集中できないし、いいことなしです。

kindle端末って高いのでは

逆に、安いくらいかなって思ってます。

お風呂の時間とか、移動中とか、ほんとなら「ムダ」になってた時間のはず。

「その時間を回収している」
って考えると、
コスパ高いと思うのは、僕だけでしょうか。

もちろん、リラックスしたい時は閉じてOK。
お風呂とか、天国ですからね。

まとめ:kindleで楽しいプログラミングライフを

記事のポイントをまとめておきます。

  • kindleとプログラミングの相性はいい
  • メリット:安い、軽い、コピペ
  • デメリット:違和感、端末
  • 紙の本、kindleそれぞれいい所
  • kindleツールは便利

こんな感じですね。

ぜひ、kindleをうまく使って、プログラミング学習を加速させてみてはどうかなと。

僕のスピードは、段違いに速くなりました。

その便利さに、間違いなく感動するはずですよ。

ではでは、以上です。

✔️記事中で紹介したツール

✔️参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です