暇な大学生は「セーフティネット」を作りに行こう[時間はなくなる]

こんにちは!好奇心おばけのかわそん (@KKohey4)です!

「大学生です。時間はたくさんあって、ヒマなのですが、何をしたらいいのかわかりません。。
贅沢な悩みだなとは思うのですが、なんか、いい感じの時間の使い方とかあるなら、話を聞いてみたいです。」
このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • セーフティネットの構築
  • 体験量を増やすこと
  • バイトはムダです

この記事を書いている僕は、大学4回生。

2回生くらいまでは、ヒマしかありませんでした。

でも、今は時間がないくらい。

何を変えたのか、今回お話します。

3分だけお付き合いくださいませ(`・ω・´)ゞ

暇な大学生は「セーフティネット」を作りに行こう[時間はなくなる]

結論から。

大学中にセーフティネットを構築する

、、、わかりにくいかもなので、
ちょっと、言い換えます。

時間単価の高いスキルをつけて、自動で稼いでくれる仕組みを作る

上記の通り。

こうすれば、ヒマになるなんてことはありません。
シンプルに時間がかかることだからですね。

それぞれ、みていきましょう。

大学生のうちに、時間単価の高いスキルを

大学生のうちに、時間単価を上げておきましょう。

というのは、時間がある時にしか、こういうスキルはじっくりと身につけられないので。

じゃあ、どういうスキルが、希少か。
代表的なのはプログラミングですね。

まじで、コスパがいいです。
僕も大学生ですが、換算時給は1万円ですよ。

✔️参考
[ゲスいが事実]プログラミングは儲かります[時給は青天井です]

✔️プログラミングは難しくない

「プログラミング」って聞くと、

「え、、難しそう。情報工学が専門でもないし、自分にはできなさそう。。」

こうやって、アレルギー反応がでる人がいるかもです。
僕は、出ました。笑

でも、これって結構思い込みでして、

・最初の一歩を間違えた
・正しい手順を踏んでいない

のどっちかが原因です。

実際に僕が教えている、中学生の生徒さんでも、0からwebサイトを3日で作れるようになっていますし。

✔️参考1:そんなに難しくない
「プログラミングは難しい」この壮大な勘違いを破壊する[明るい未来]

✔️参考2:正しいステップ
[保存版]プログラミングを始める前に知っておくべきこと[完全初心者むけ]

大学生のうちに、自動で稼いでくれる仕組みを作る


1つ、質問があります。
「働き方」は何種類あるか、知っていますか?

、、、たぶん、答えられない方が大半かなと。

というのは、

大学で習うこと以外は、勉強していないから

ですね。
イラっとするかもですが、ちょっと話を聞いてください。

シンプルです。

微分・積分のやり方

と、

一生離れられないお金の仕組み

どっちが、有益ですかね?

前者なんか、今の時代、ググればいくらでも情報は出てきます。

というわけで、後者に注目すべき。
下記にまとめておきました。

✔️参考
[大学生必読]お金の真実がわかる2冊の本←生き方が変わります

✔️「自動で稼ぐ」とは何か

さっきの質問に戻りましょう。
答えは、3種類です。

具体的には、下記の通り。

自分が働く
お金が働く
仕組みが働く

上記の通り。

それぞれ、

自分が働く→バイト
お金が働く→投資
仕組みが働く→ビジネス

こんな感じ。

バイトとか、投資はイメージつくかなと。
最後を説明します。

✔️web上に「仕組み」を構築

仕組みは、web上に構築します。

もう気づいた方もいるかもですね。
この「ブログ」も仕組みの1つでして、寝ている間にも、お金が入ってきています。

じゃあ、なんで、こういった仕組みを作る必要があるのか。

「労働収入では豊かになれないから」

ですね。

しかし、、、これは資本主義のシステム的にしょうがないことでして、ここさえも知らない人が大半という印象。

橘さんのお金持ちになれる黄金の羽根の拾い方で詳しく解説されてますので、興味ある方はどうぞ、という感じです。

✔️参考
[実体験]大学生がプログラミングを学ぶメリット←挫折者多いから最高

暇をぬって、「体験量」を増やしておく[世界が変わる]

ここまでは、セーフティネットの話をしてきました。

大切なことです。
これを始めると、間違いなく、時間が足りなくなるはず。

ここからは
「その先」
のお話をします。

足りない時間の中でも、なんとか「体験量」は増やすべきでして、大きくは下記の3つ。

・読書
・挑戦
・遠い場所

上記の通り。

順番に、サクッと説明しますね。

暇じゃないからこそ、「読書」を


逆説的ですが、暇じゃないからこそ、本を読むべき。

というのは、シンプルに知識が増えて、効率を上げられるから。

例えば、時間の配分の仕方、これから伸びる業界、税金の知識とかわかれば、力の入れ方を調節できるはず。

詳しい話は、読書の時間がない←読書をしないから時間が無くなるという話で紹介しています。

どんどん挑戦する

自分が成長できそうな環境に、挑戦していきましょう。

・自分の市場価値が上がる
・思い上がることを防ぐ

理由は、上記の通り。

例えば、プログラミングをある程度勉強したなあって思ったら、インターンに飛び込んでみるとか。

挑戦が怖い、、、
こう思うかもですが、3割成功すればOKくらいの気持ちでいきましょう。
10打って10当てる学生とか、いません。

遠い場所に行ってみる


ぜひ、留学に行ってみましょう。

表現がシンプルすぎて、申し訳ないのですが、
「世界は広い」
っていうことがわかりますので。

僕も、アメリカに3週間だけ留学に行ってきました。

そこでは、いろんな体験を。

道に5時間くらい迷って、ひたすら通行人に話しかけたり、
黒人に金くれって言われたり、、、

言葉にするのが難しいのですが、、、
「なんとかなる」っていうことを実感しますよ。

留学とか、ハードル高いって思ったら、1人旅とかでもいいかもです。

ゆっくり生きることを、思い出せます。

✔️参考
[事実]やる気が出ない時の対処法は4つだけ[たまには旅行しよう]

「暇だからバイトする」のはムダです

もしかすると、

「時間あるなら、バイトすればいいじゃん」

と思う方がいるかもです。

しかし、バイトするのはムダです。

賛否両論あるかもですが、理由は下記の通り。

・資産にならない
・労働脳が染み付く
・いくらでも替えがいる

「自分の時間」を、「一時的なお金」と交換する。
この先には何もありません。

あと、自分のスキルが収入に直結しないのも、意味がない理由です。

さっきのプログラミングなら、スキルが高ければ、換算時給は上がります。

でも、、、コンビニ店員として優秀だからといって、、時給1万とか、いかないですよね。

確かに楽かもですが、その分の時間を上記の「セーフティネット」に当てたらって考えると、、、

どっちの方がリターン大きいでしょうか?

最後に:「大学生の暇」は差別化の武器になります。

記事のポイントをまとめておきます。

  • セーフティネットを作るべき
  • プログラミングで時間単価を上げる
  • ブログで「仕組み」を作る
  • 体験量も大切です
  • バイトはシンプルにムダ

以上です。

さて、この記事を読み終わった後に、何をするか。

まだ「暇」って思いますかね。
いますぐ、動こうと思いますかね。

ぜひ、時間を浪費せずに、行動してみて欲しいなと思います。

時間は、取り返せませんので。

それだけで、頭1つ、2つ分くらい抜けますよ。

✔️参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です